주요 기사 바로가기

大転換の時代…ソウルモビリティーショーがEV激戦場に

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2021.11.26 15:56
0
「モビリティー大転換の時代」。26日から来月5日まで開催される2021ソウルモビリティーショーはこのように要約できる。開幕前日の25日、記者団に事前公開された京畿道高陽市(コヤンシ)韓国国際展示場(KINTEX)は、電気自動車(EV)時代が本格的に開かれたことを宣言する演説場のようだった。輸入車ブランドは競い合うように新型EVを準備した。

アウディはQ4e-tron、e-tronGT、RSe-tronGT、A6e-tronコンセプトモデルを展示した。A6e-tronコンセプトはアウディのステディーセラーA6の電動化モデルで、モビリティーショーで韓国で初めて公開された。Q4e-tronは純粋なEVで、最大走行距離は520キロ(欧州基準)と、EV大衆化を目標に開発された車両だ。

メルセデスベンツも負けていない。ベンツはモビリティーショーのテーマを「電動化をリードする」(Lead in Electric)とした。展示車両を純粋なEVモデルだけで構成し、電動化への意志を表した。アジア初公開のEVは3モデルで、ザ・ニューEQE、ザ・ニューメルセデス-AMG EQS 53 4MATIC+、コンセプトEQGだ。韓国初公開のEVは2モデル。ラグジュアリー電気セダンのザ・ニューEQSはモビリティーショーを通じて国内市場に進出した。

BMWグループはBMWとMINIブランドでEVモデルを出した。EVのフラッグシップモデルのiXをはじめ、4ドアグランクーペのi4、ニューX3基盤のiX3を国内初公開した。iXはBMWグループの新しいフラッグシップEVで電気四輪駆動技術などを適用した。

今回のモビリティーショーで新型EVを発表しない現代自動車グループは自動運転技術で対抗した。現代車はモビリティーショーでレベル4の自動運転技術開発現況などを公開し、来年からソウル都心内の自動運転車試験運行地区でロボライド(RoboRide)テストサービスを始めると明らかにした。ロボライドとはレベル4水準の自動運転車を活用し、搭乗客に移動の便宜を提供する現代車の新概念モビリティーサービス。

現代車の張雄ジュン(チャン・ウンジュン)常務は「顧客が新しい移動経験ができるよう来年上半期にソウル都心でレベル4の完全自動運転技術を基礎にしたモビリティーテストサービスを提供する予定」と説明した。

電動化は乗用車だけでなく商用車市場も変えている。発売を控えた電気トラックと商用車も公開された。デチャンモータースはDANIGO-C(電気トラック)とDANIGO-T(商用車)を公開した。両モデルとも1回の充電で300キロ走行する。デジャンモータースの関係者は「走行可能距離と価格で他社の同級モデルより優れている」と紹介した。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP