주요 기사 바로가기

EV安全度を確認してみると…現代自アイオニック1等級、テスラ3は2等級=韓国

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2021.08.17 14:57
0
現代自動車のアイオニック(IONIQ)5が電気自動車(EV)に対する自動車安全度評価で最高等級である1等級を受けた。反面、テスラ(Tesla)のモデル3(Model 3)はこれより低い2等級という評価だった。

17日、韓国国土交通部と韓国交通安全工業団地はこのような内容をまとめた「2021自動車安全度1次評価」結果を発表した。今年の評価対象は電気自動車2種や内燃機関自動車9種など全11種で、このうち1次電気自動車評価が完了した。

毎年実施している自動車安全度評価は、衝突事故の際に搭乗客の保護(衝突安全性)や歩行者保護(歩行者安全性)、先端装置を通した事故予防(事故予防安全性)など計3分野19事項をチェックしている。評価結果は1~5等級に分かれる。

1次評価結果によると、アイオニック5は100点満点中92.1点だった。衝突安全性分野は全般的に優秀で、歩行安全性分野では頭部衝撃試験の結果、重傷可能性が高い領域が約15%で良好だという結論だった。重傷の可能性領域の数値が高いほど衝突事故の時に歩行者が大きなケガをしたり死亡したりする確率が高いという意味だ。

また、事故予防安全性分野では後方接近警告装置で低い点数をつけられたが、他の先端装置が設置されていたおかげで全般的に優秀であると評価された。

テスラのモデル3は総点が83.3点で1等級水準(総点82.1点)を超えていたが、一部項目で低い評価を受けて2等級に降格(科落)となった。テスラ3は衝突安全性では乗客保護性能が高いと判定された。

しかし、歩行者安全性分野で頭部衝撃試験の結果、重傷の可能性が高い領域が約26%であることが確認され、「普通」水準にとどまった。また、非常自動制動(ブレーキ)装置(AEBS)の感知性能が低いか、車道維持支援装置(LKAS)が曲線区間で車道を離脱する問題が見つかったというのが国土部の説明だ。

今回評価された電気自動車2種は今年7月までに国内に登録された電気自動車のうち累積登録台数上位3車種に該当する。1位は現代自ポーター2(Porter 2)EV(9793台)であり、アイオニック5(8628台)とモデル3(6297台)がそれぞれ2、3位を記録した。

国土部はまだ評価中のK8(起亜)・ツーソン(Tucson、現代車)など9車種のうち先に評価が完了する2~3種は10月ごろ2次として結果を発表し、最終結果は年末に公開する予定だ。

キム・ジョンヒ自動車政策官は「エコカーの購入と自動車の自由化が急速に進展している時期であることを受けて、試験項目を高度化して新たな評価パラダイムも確立していく」と明らかにした。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    EV安全度を確認してみると…現代自アイオニック1等級、テスラ3は2等級=韓国

    2021.08.17 14:57
    뉴스 메뉴 보기
    テスラ(Tesla)のモデル3(Model 3)。[写真 ホームページ]
    TOP