주요 기사 바로가기

米国から帰国した李在鎔副会長「市場の冷酷な現実直接見るので気が重い」

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2021.11.25 08:00
0
サムスン電子の李在鎔(イ・ジェヨン)副会長が「市場の冷酷な現実を直接見てくることになるので気が重かった」と話した。24日に5年ぶりの米国出張を終えた帰国の途で記者らと会いながらだ。

この日午後4時ごろにチャーター機でソウル・金浦(キンポ)空港に到着した李副会長は、出張の感想を聞く取材陣の質問に「長く会えなかった古くからのビジネスパートナーらと会い懐抱を解くことができた。未来に対する話ができ良い出張だったと考える」と話した。

李副会長は今回の米国出張期間中に170億ドル規模の新規ファウンドリー(半導体委託生産)工場投資計画を確定した。ホワイトハウス高位関係者をはじめマイクロソフト、アマゾン、ベライゾン、モデルナの最高経営陣ら米国の政財界の人たちとの会合も持った。

李副会長は半導体投資の見通しを聞かれると、「投資も投資だが現場の凄絶な声、市場の冷酷な現実を直接見てくることになるので気が重かった。残りの話はまた次の機会に話したい」と話した。ファウンドリー市場でサムスンは台湾TSMCを猛追撃中だ。TSMCは米国と日本などに大規模投資計画を提示してサムスンを牽制している。

李副会長はすぐ新型コロナウイルスのPCR検査を受けに行ったという。陰性判定が出る場合、翌25日に予定されたサムスン物産の合併とサムスンバイオロジックスの不正会計疑惑と関連した裁判に出廷するものとみられる。

一方、サムスン電子はこの日、米テキサス州テイラー市をファウンドリー生産ライン建設地に最終決定し発表した。5月の韓米首脳会談を契機に投資計画を公式化してから6カ月ぶりだ。新規ラインでは第5世代(5G)通信、高性能コンピューティング(HPC)、人工知能(AI)など多様な分野の先端システム半導体が生産される予定だ。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    米国から帰国した李在鎔副会長「市場の冷酷な現実直接見るので気が重い」

    2021.11.25 08:00
    뉴스 메뉴 보기
    サムスン電子の李在鎔(イ・ジェヨン)副会長
    TOP