주요 기사 바로가기

尿素水密輸、初めて摘発…関税庁「迅速に国内に流通させる」=韓国

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2021.11.15 14:34
0
中国発の尿素輸出手続き強化で韓国国内の尿素水不足が続く中、税関当局が最近、尿素水の密輸を摘発した。政府は押収した密輸尿素水を国内に流通させる方針だ。

関税庁は12日、税関への申告なく密輸された中国産尿素水約4トンを摘発し、関係者を調べていると15日、明らかにした。尿素水は中国から仁川(インチョン)港に入る他の正常な貨物の中に混ぜて密輸され、税関調査の過程で摘発された。中国政府が先月、尿素の輸出手続きを強化して以降、中国産尿素水の密輸が摘発された最初の事例となる。

尿素水の密輸は異例という評価だ。韓国は中国と自由貿易協定(FTA)を締結していて、尿素水の関税率は0%であるからだ。尿素水には関税がなく付加価値税10%だけが賦課される。

関税庁は「尿素水に賦課する税金は多くないため、関税を避けようとしたのではないようだ」とし「最近、政府が尿素水の流通と販売所を調整しているため、密輸して高値で第3者に販売しようとしたと考えられる」と説明した。ただ、正確な密輸の経緯は調査で確認する必要があるという立場だ。

政府は摘発した尿素水を早期に国内に流通させる方針だ。関税法上、摘発した密輸品は没収または廃棄処分する。最近は尿素水不足事態が続いているだけに、関税庁は密輸品を国内流通業者に販売して速やかに市中に流通させる方針だ。関税庁の関係者は「密輸品を販売する形で国内に流通させることは可能だが、通常は調査などに時間がかかるためこのように迅速な処理はしない」とし「最近は国内の尿素水需給があまりにも良くないため、早期に密輸品を処分できるようにする」と話した。

一方、関税庁はこうした尿素水密輸事例がほかにもあるとみて取り締まりを強化する方針だ。関税庁は「尿素・尿素水の需給円滑化のために正常に輸入申告した物品に対しては迅速な通関を支援する方針」とし「しかし今回のように輸入申告をしなかったり他の品目を偽装して申告するなど違法に搬入される物品に対しては虞犯事業者および危険要素を分析するなど危険管理基盤の通関検査を強化する」と述べた。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    尿素水密輸、初めて摘発…関税庁「迅速に国内に流通させる」=韓国

    2021.11.15 14:34
    뉴스 메뉴 보기
    関税庁が15日、正常な貨物の中に混ぜて密輸された中国産尿素水4トンを12日に摘発したと明らかにした。 写真=関税庁
    TOP