주요 기사 바로가기

自民党が単独過半数確保…岸田首相、初めての試験台通過

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2021.11.01 06:26
0
日本の岸田文雄首相率いる自民党が31日に実施された衆議院総選挙で単独過半数を確保したとNHKと共同通信が報道した。

4日に就任した岸田首相としては初めての試験台を通過し国政運営に力を得ることになった。

2017年10月から4年ぶりに実施される今回の総選挙では小選挙区289議席、比例代表176議席など衆議院465議席を新たに選ぶ。

NHKが総選挙開票状況と出口調査、状況取材などを根拠に政党別確保議議席を中間集計した結果、自民党は1日午前0時13分基準で過半数の233議席を確保し、午前1時基準で15議席増えた248議席を確保した。これは当選確定と当選確実を合わせた数値だ。

連立政権のパートナーである公明党が確保した27議席と合わせれば自民党と公明党は276議席を確保し、絶対安定多数の261議席以上の達成が確実視された。

共同通信は独自の分析の結果、自民党と公明党がすでに絶対安定多数を確保したと報道した。絶対安定多数はすべての常任委員会の委員長の席を独占し、各常任委員の過半を確保し法案を円滑に処理できるようになる議席数だ。

解散前の自民党は276議席(59.4%、小選挙区210議席・比例代表66議席)、公明党は29議席(小選挙区8議席・比例代表21議席)をそれぞれ占めていた。連立与党が65.6%の305議席を占めていた。

自公連立与党の議席は減るが今回の総選挙の勝敗基準と評価された自民党の単独過半数確保と連立与党の絶対安定多数確保がいずれも達成された。

これに伴い自民党の選挙の顔となった岸田首相の政治的立地が強化されるものとみられる。



関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    自民党が単独過半数確保…岸田首相、初めての試験台通過

    2021.11.01 06:26
    뉴스 메뉴 보기
    岸田文雄首相
    TOP