주요 기사 바로가기

文大統領「教皇の訪朝が平和のモメンタムに」…教皇「招請状届けば喜んで行く」

ⓒ韓国経済新聞/中央日報日本語版2021.10.30 12:03
0
韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領が29日、ローマ・カトリック教会のフランシスコ教皇と会談し、北朝鮮訪問を改めて要請した。主要20カ国・地域(G20)首脳会議出席のためにイタリア・ローマを訪問した文大統領はこの日、バチカンでフランシスコ教皇に会い、「教皇が機会を迎えて北朝鮮を訪問することになれば、韓半島(朝鮮半島)平和のモメンタムになるはず」とし「韓国人は大きな期待を抱いている」と述べたと、青瓦台(チョンワデ、韓国大統領府)の朴ギョン美(パク・ギョンミ)報道官が伝えた。

これに対しフランシスコ教皇は「招請状が届けば皆さんを助けるために、平和のために、喜んで行く」とし「皆さんは同じ言語を使う兄弟。快く行く」と答えた。この日、通訳のハン・ヒョンテク神父を除いて同席者はなく、文大統領と教皇の単独会談が行われた。文大統領は会談後、非武装地帯(DMZ)の鉄条網を溶かして作った「平和の十字架」を教皇に贈った。そして「聖書に『槍を打ち直して鎌とする』という言葉がある。必ず韓半島でお会いできることを望む」とし、教皇の北朝鮮訪問を改めて要請した。

文大統領がフランシスコ教皇と会ったのは今回が2回目となる。文大統領は2018年9月に平壌(ピョンヤン)で北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)国務委員長に会い、1カ月後の同年10月に教皇と会談した。文大統領は当時、「金委員長に教皇と会うことを提案し、金委員長から教皇が平壌を訪問すれば熱烈に歓迎するという積極的な歓待の意思を受けた」とし「金委員長の招請状を送ってもよいか」と尋ねた。これに対しフランシスコ教皇は「招請状が届けば無条件に応答し、私は行くことができる」と答えた。

任期6カ月を残した文大統領はこの日、異例にも教皇との2回目の会談に李仁栄(イ・インヨン)統一部長官を随行団に含めた。教皇の北朝鮮訪問と文大統領が再推進の意思を明らかにした終戦宣言の実現を具体化するための措置という。しかしこの日の会談でも北朝鮮の招請状に関する具体的な内容には言及されなかった。

青瓦台はフランシスコ教皇が文大統領と会った後、バイデン米大統領と別に会談した事実にも意味付けしている。青瓦台関係者は「G20首脳会議に参加する主要国のうち韓国・米国の首脳だけが教皇と会談したと把握している」とし「教皇を中心に韓米首脳が韓半島問題を共有するという点に意味がある」と述べた。韓米の首脳はともにカトリック信者であり、文大統領とバイデン大統領の洗礼名はそれぞれディモテオのとヨセフだ。

青瓦台は30、31日にローマで開催されるG20首脳会議、来月1、2日に英グラスゴーで開催される国連気候変動枠組み条約第26回締約国会議(COP26)の期間に韓米首脳会談も推進しているが、まだ具体的な日程は確定していない。文大統領はこの日、教皇庁のピエトロ・パロリン国務長官とも会談した後、ローマのサンティニャツィオ教会で開かれた「鉄条網、平和になる」展示会を訪れた。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP