주요 기사 바로가기

「米国の艦艇と航空機、今年だけで中国狙い2000件スパイ任務」

ⓒ 中央日報日本語版2021.10.28 12:02
0
米国の艦艇と航空機が今年だけで中国を狙い2000回にわたり近接スパイ作戦を遂行したと中国軍分析家が主張した。

香港紙サウス・チャイナ・モーニング・ポストが28日に伝えたところによると、中国人民解放軍軍事科学院の曹延中研究員は今週オンラインで開かれた第10回北京香山フォーラムでこのように主張し、「こうした近接偵察頻度は中国の国家安保を脅かし地域の緊張を高めさせる。これは必然的に中国の確固とした反対を触発し疑いの余地なく銃撃の危険を高めるだろう」と強調した。

曹研究員は中国がやむを得ず対応措置を取ったが、これは軍備統制や地域安保など両国が協力すべき領域に妨げになるほかないと指摘した。したがって米国が究極的に中国政策を根本的に再調整し、中国を脅威として扱うのを中断すべきと話した。

一方、中国外交部の汪文斌報道官は米空軍が近接海上偵察任務のため昨年だけで少なくとも100回以上民間航空機に偽装していると指摘していた。



関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP