주요 기사 바로가기

「走行性能1位」…VW・プジョー・アウディを上回った韓国車

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2021.10.27 14:33
0
現代車が欧州市場向けに出したツーソン・プラグインハイブリッド(PHEV)モデルがドイツ自動車雑誌「AUTO ZEITUNG」の比較評価で総合1位になった。フォルクスワーゲン(VW)ティグアン、プジョー3008、オペル・グランドランドなど欧州を代表する車種を上回った。

現代車よると、ツーソンPHEVは車体・コンフォート・パワートレイン・走行・環境性(費用)の5つの領域で幅広く高い点数を受けた。特に走行特性項目は点数が最も高かった。競合モデルのティグアンと3008はその間、欧州で「走行特性」が良い車として評価されてきたモデルだ。

これに先立ち8月にも「Auto Motor Und Sport」の同級比較評価でツーソンPHEVはVWティグアン、プジョー3008、アウディQ3スポーツバックなどを抑えて総合評価1位になった。7月には「AUTO BILD」のSUVモデルPHEV比較評価でも1位になった。競合車はプジョー3008、ランドローバーディスカバリースポーツ、トヨタRAVなどだった。今回の「AUTO ZEITUNG」まで含めてツーソンはドイツ3大自動車雑誌の評価ですべてトップだった。

ツーソンPHEVは欧州市場で3月の販売開始以降1万7549台売れている。国内からの輸出が714台、チェコ工場での生産が1万6835台だ。

現代車の関係者は「自動車の本場ドイツでライバル車種を抑えて総合評価1位になり、現代車の技術力とブランド競争力を改めて立証した」とし「ツーソンが最近、欧州で注目されるPHEV車種部門で高い評価を受けたという点で今後の善戦が期待される」と述べた。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    「走行性能1位」…VW・プジョー・アウディを上回った韓国車

    2021.10.27 14:33
    뉴스 메뉴 보기
    ツーソンPHEV。ドイツ自動車雑誌「AUTO ZEITUNG」の比較評価でティグアン(フォルクスワーゲン)、3008(プジョー)を抑えて1位になった。 写真=現代車
    TOP