주요 기사 바로가기

終戦宣言に口を開いたホワイトハウス「韓米に観点の違いあり得る…集中的対話を継続」

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2021.10.27 08:27
0
サリバン米大統領補佐官(国家安全保障担当)が韓国政府が推し進める終戦宣言について、両国が集中的な議論をしていると伝えながらも、順序や時期、条件の面で観点の違いがあり得ると明らかにした。

サリバン補佐官は26日(現地時間)の記者会見で、中央日報の記者から「米国の北朝鮮政策において終戦宣言をどれほど真摯に考えているのか」という質問を受け、このように答えた。

この日の会見では、イタリア・ローマで開催される主要20カ国・地域(G20)首脳会談を控え、バイデン大統領の日程や主要議題などについて説明した。首脳間の会談も予定されているだけに、ここで出てくる可能性があるいくつかの議題について各国の記者から質問を受けた。

韓国に関連しては「終戦宣言を北朝鮮と対話を始める触媒剤だと考えているのか」という質問もあった。サリバン補佐官はひとまず「韓国政府と集中的に議論している内容について公開的に明らかにすることを望まない」と慎重な態度を見せた。

その代わり、最近ソン・キム北朝鮮政策特別代表と魯圭悳(ノ・ギュドク)韓半島平和交渉本部長がワシントンとソウルで相次いで会ったことに言及し、「ソン・キム代表の最近の議論は非常に生産的で建設的だった」と評価した。

しかし「我々(韓米)は正確な順序や時期、また、それぞれの段階に必要な条件について、やや異なる観点を持っているかもしれない」と述べた。こうしたサリバン補佐官の発言は、終戦宣言についてホワイトハウス関係者が初めて表明した立場だ。韓国政府が終戦宣言に繰り返し言及する間、米国側は確実な態度を示さなかったが、この日の答弁で両国間に意見の違いがあることを表したのだ。

サリバン補佐官は、終戦宣言に関連した議論が現在両国間で緊密に行われているとも強調した。サリバン補佐官は「我々は外交を通してのみ効果的に進むことができ、外交は抑止力と共に効果的に進むべきという戦略的核心計画(initiative)と信念で根本的に同じ立場」と伝えた。具体的なイシューをについては公開的に話さないと改めて述べた後、「我々は集中的に対話を続ける」という言葉で答弁を終えた。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    終戦宣言に口を開いたホワイトハウス「韓米に観点の違いあり得る…集中的対話を継続」

    2021.10.27 08:27
    뉴스 메뉴 보기
    サリバン米大統領補佐官(真ん中)が26日(現地時間)、終戦宣言に関する立場を尋ねる中央日報記者の質問に対し「(韓米両国は)集中的な対話を続けるだろう」と答えた。 [キム・ピルギュ特派員]
    TOP