주요 기사 바로가기

コロナの影響で配達員42万人超え、小中高校教師より多くなった=韓国

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2021.10.20 08:37
0
新型コロナウイルス感染症(新型肺炎)が昨年に続き、今年も雇用市場に影響を及ぼしたことが分かった。対面サービス関連の就業者は2年連続で減少した。一方、今年上半期基準で、配達業従事者の数は過去最多を記録した。全国の小中高校の教師よりも配達員が多くなり「配達の民族」という言葉を実感させた。

19日、韓国統計庁が発表した地域別雇用調査の産業・職業別特性によると、今年上半期、配達員数は過去最多の42万3000人を記録した。昨年記録した配達員従事者の過去最多記録を1年で更新した。新型コロナの余波で配達員が大幅に増えた昨年上半期、配達員の数は37万1000人だった。今年は昨年に比べ14.2%増えた。2018年に31万3000人だったのと比べると、3年間で35.1%増加した。これは配達を副業とする労働者は含まれない数で、実際に配達業に従事する人は更に多いものと推定される。

配達員が42万人を超え、全職業中16番目に従事者の多い職業になった。学校の教師(40万9000人)やコンピュータ・ソフトウェア専門家(36万4000人)よりも配達員の数が多い。統計庁の関係者は、「専業の労働者だけ調査して作成した統計」とし「配達業従事者の増加傾向は今後も続くものと見られる」と述べた。

全体の就業者は2721万4000人で、昨年上半期より2.5%増加した。就業者が1年で最も多く増えた職業は、清掃員と環境美化員だ。清掃員は108万5000人に及んだ。昨年上半期(89万1000人)より21.7%増加した。

これは、高齢者の公共雇用の影響だ。統計庁の関係者は、「高齢者の公共雇用のほとんどが環境美化とケアサービスに集中している」とし「政府や自治体関連施設の清掃業務などの公共雇用が増え、該当職業群の就業者も増加した」と説明した。実際、ケア・保健サービス従事者も昨年の53万2000人から59万1000人に増えた。

対面サービス業における就業者の減少は顕著だった。今年上半期、店頭販売従事者は174万5000人だった。2019年には194万1000人で、昨年184万3000人に減った後、更に減少した。店頭販売は、就業者数比較すると、職業全体の2位に該当するため、労働市場に与える影響が大きい。主にカフェや居酒屋に該当する飲食サービス従事者は52万3000人で、昨年(54万4000人)より4%減少した。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP