주요 기사 바로가기

「タイゴルフチャーター機」登場…11月に空の道開かれる=韓国

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2021.10.20 08:34
0
「ウィズ(With)コロナ」への期待感から、ふさがっていた空の道がまた開かれている。航空会社が国際線路線の運航を次々と再開している。

国土交通部と航空業界によると、大韓航空は11月から「仁川(インチョン)-ハワイ路線」の定期運航を再開する計画だ。新型コロナの影響で昨年4月に運航を中断して以来19カ月ぶりの定期路線便となる。大韓航空側は「週3回の仁川-ハワイ路線を運航する計画」とし「今月初め、韓国政府がシンガポールとトラベルバブル(Travel Buble、旅行安全圏域)協約を締結しただけに、現在週4回の『仁川-シンガポール』路線の運航回数もさらに増やすことを検討している」と明らかにした。

アシアナ航空も12月から「仁川-グアム路線」の運航を再開する計画だ。7月に再開した「仁川-サイパン路線」の場合、年末まで1000人以上の予約者が待機している。このため現在週1回(土曜日)の「仁川-サイパン定期便』も、今年末からは毎週水曜日にも1回追加で運航する計画だ。アシアナ航空側は「路線の増便は国土交通部や防疫当局の承認が必要な事案だが、増える国際線の需要を考慮して積極的に検討中」と伝えた。

実際、海外旅行の需要は少しずつ回復する雰囲気だ。Gマーケットとオークションによると、9月の国際線航空券売上高は前年同月比で69%増えたという。前月比でも29%増となった。Gマーケット側は「ウィズコロナへの期待が高まり、これまで抑えられていた旅行の需要が回復しているため」と説明した。人気の旅行先(予約人員増加率基準)はカナダが前年比131%増で1位だった。2位は米国(74%)、3位はベトナム(17%)。隔離の負担がない休養地、グアムやモルディブも人気だ。出発時期基準では今年12月と来年1月の航空券売上高が平年より平均160%増えた。

◆「タイゴルフ旅行チャーター機」も再登場

旅行の需要が少しずつ回復する中、大手航空会社のほか、格安航空会社(LCC)や旅行会社も海外路線の拡充に合流している。11月にゴルフ旅行客をターゲットに「仁川-チェンマイ(タイ)」ゴルフチャーター機運航計画を出したチェジュ航空が代表的な事例だ。これに先立ちタイ政府は11月から新型コロナワクチン接種完了者に隔離を免除すると明らかにした。コロナワクチン接種完了者の増加を受け、年内に「仁川-バンコク」などタイ内の主要路線運航も再開する計画だ。インターパークツアーも来年初めに出発する「バリチャーター機パッケージ」を出した。主に新婚旅行客を対象にした商品だ。

エアソウルは12月23日から「仁川-グアム路線」に再就航する。新型コロナのため中断してから660日ぶりとなる。エアソウルは「仁川-グアム」路線を週2回運航する計画だ。グアムのほかサイパンなど新婚旅行の需要がある休養地路線を中心に国際線の運航を徐々に拡大していく計画だ。航空業界の関係者は「ワクチン接種率の上昇、トラベルバブル拡大などで国際線の需要が増加すると期待している」とし「安全な旅行のために防疫も徹底し、増える需要にも積極的に対応する計画」と述べた。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    「タイゴルフチャーター機」登場…11月に空の道開かれる=韓国

    2021.10.20 08:34
    뉴스 메뉴 보기
    9月の秋夕(チュソク、中秋)連休中に混雑した金浦(キンポ)国際空港。 イ・スギ記者
    TOP