주요 기사 바로가기

LGエネルギーソリューション、北米ナンバー3のステランティスとバッテリーで手を組む

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2021.10.19 07:23
0
LGエネルギーソリューションが北米地域の電気自動車用バッテリー市場を攻略するためにゼネラルモーターズ(GM)に続きステランティスと手を組んだ。ステランティスはイタリア・米国のフィアット・クライスラーとフランスのプジョー・シトロエンが合併し1月に誕生した自動車会社だ。

LGエネルギーソリューションは18日、ステランティスと電気自動車バッテリーの合弁法人を設立するための了解覚書(MOU)を締結したと明らかにした。合弁法人は北米地域に年間40ギガワット時規模で電気自動車バッテリーセルとモジュールの生産能力を備える計画だ。LGエネルギーソリューション関係者は「工場用地は北米地域で有力候補地をめぐり最終検討中。来年4-6月期に着工し2024年1-3月期の生産開始を目標にしている」と伝えた。

ここで生産するバッテリーはステランティスの米国、カナダ、メキシコの工場に供給する。ステランティスが保有するブランドが出す次世代電気自動車にバッテリーを搭載する計画だ。具体的な投資金額は公開していない。合弁法人の生産規模を考慮すれば投資金額は4兆ウォン水準と業界では推定する。

ステランティスはクライスラー、フィアット、マセラティ、ジープ、シトロエンなど14のブランドを持っている。昨年の世界市場での自動車販売台数は681万台だった。米国市場での販売台数を基準とすればGMとフォードに次ぐ3位だ。

LGエネルギーソリューションは2024年までに北米地域で150ギガワット時のバッテリー生産能力を確保できる見通しだ。現代自動車の電気自動車「アイオニック5」で計算すれば約200万台にバッテリーを供給できる規模だ。LGエネルギーソリューションはGMと合弁でアルティウムセルズという法人を設立した。この会社はいずれも35ギガワット時規模で米オハイオ州に第1工場、テネシー州に第2工場を建設中だ。LGエネルギーソリューションはミシガン州ホランドに独自の5ギガワット時規模の工場も持っている。

LGエネルギーソリューションは韓国、米国、中国、ポーランド、インドネシアの5カ国に9つの工場でバッテリー生産体制を備えた。上半期基準でバッテリー受注残高は180兆ウォンだ。LGエネルギーソリューションは内外のバッテリーメーカーで初めて受注残高200兆ウォンを突破する見通しだ。

ステランティスは7月に「EVデー」という行事を行った。この席でステランティスは2025年までに電気自動車転換に300億ユーロを投資すると明らかにした。その上で2030年までに欧州市場で自動車販売の70%以上、米国市場で自動車販売の40%以上を電気自動車にするという目標を立てた。

ステランティスが保有する14のブランドはいずれも電気自動車を発売する計画だ。ステランティスのカルロス・タバレス最高経営責任者(CEO)は「LGエネルギーソリューションとの合弁法人設立計画を発表したのはEVデーで約束した事項を履行しているという証拠」と話した。

市場調査会社のSNEリサーチによると、昨年米国での電気自動車販売台数は約27万台だった。同社は米国の電気自動車販売台数が2023年には250万台、2025年には420万台に急増すると予想した。英国の市場調査会社IHSマーケットは昨年米国で新規登録された車両のうち電気自動車は2%にとどまったと伝えた。その上でこの割合が2030年には25~30%、2035年には45~50%に高まると予想した。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    LGエネルギーソリューション、北米ナンバー3のステランティスとバッテリーで手を組む

    2021.10.19 07:23
    뉴스 메뉴 보기
    ステランティスとLGエネルギーソリューションのロゴ。[写真 LGエネルギーソリューション]
    TOP