주요 기사 바로가기

ワクチン避ける若い世代…「副反応を覚悟して接種すべきなのか」=韓国

ⓒ韓国経済新聞/中央日報日本語版2021.09.25 12:36
0
「ウィズコロナ(段階的な日常回復)」議論の動きにワクチン接種を控えた20代、30代の若者がざわついている。韓国政府が23日、「ウイズコロナ」検討時点(接種完了率70%)に言及したことで、波紋は広がった。副反応を覚悟しながらワクチンインセンティブのためにワクチンを接種すべきなのか、という声が出ている理由だ。大学生のクォンさん(24)は24日、「1回目を接種で副反応があり、2回目の接種が怖くなった。いっそのこと接種率が高まるまで待とうと思う」と話した。

現行の社会的距離4段階を2-3段階に引き下げるという報道についても、中央事故収拾本部と中央防疫対策本部は事実でないという立場を明らかにした。現在とは異なるコロナ対応戦略を準備するという内容の報告書に関する報道に、前日、中央災難安全対策本部は「疾病管理庁の公式立場ではなく、これに関連して現在まで確定した内容は全くない」と明らかにした。しかしオンラインコミュニティなどでは「秋夕(チュソク、中秋)連休明けの感染者急増に対応できず手を引くのか」「これまで流した自営業者の血と汗を利用した防疫を一瞬にしてつぶした」などのコメントが書き込まれている。

防疫当局はその間、私的な集まりが可能な人数からワクチン接種完了者を除くワクチンインセンティブなどに言及しながら接種を積極的に奨励してきた。20、30代もファイザーなどのワクチンの接種に関心を向けた。しかし若者のワクチン副反応事例が相次いで報道され、不安が強まった。

今月初めにファイザー製ワクチンの1回目の接種をした会社員カンさん(28)は2回目の接種を残している。カンさんは「20、30代がファイザーを接種して脳出血で倒れたとか死亡したという記事が出るたびに怖くなる」とし「実際、ワクチン接種をする最も大きな理由の一つがワクチンインセンティブだったが、全国民予防接種率が70%を達成した後に社会的距離が緩和されるのなら、リスクを負って接種する必要があるのか分からない」と話した。続いて「2回目の接種の方がきついと聞くが、1回目以降に副反応が突然生じることもあるのでは」とし「まだ時々、呼吸が苦しく感じたりすることもあり、今も不安を感じている」と語った

突破感染(ブレイクスルー感染)事例の急増も、若者が接種をためらう理由の一つだ。副反応のリスクを負いながら2回目の接種しても、新型コロナに感染するかもしれないからだ。24日基準でソウル龍山区(ヨンサング)順天郷(スンチョンヒャン)大学ソウル病院で発生した感染者41人のうち20人は突破感染だった。

会社員のシンさん(32)は「ヤンセンのワクチンを接種した職場の同僚がいるが、突破感染したケースが最も多いので不安を感じていた。副反応のリスクを負ってワクチンを接種しても感染するおそれがある中、命をかけて2回目の接種をするのは心配」と話した。

24日の新規感染者2434人のうち20代は22.6%で最も多い。30代は18.3%。この日基準で20・30代のワクチン接種完了比率は30%台序盤だ。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP