주요 기사 바로가기

ブレイクスルー感染最多のヤンセン接種者、ブースター接種はいつ打てるか=韓国

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2021.09.13 12:06
0
ヤンセン製ワクチン接種者が苦悶に陥った。勧告で発生したブレイクスルー感染のうちヤンセン製ワクチン接種者が最も多いためだ。韓国政府は3回目のワクチン接種となる「ブースター接種」を検討中だが、高リスク群が優先順位になる可能性が高く、ヤンセン製ワクチン接種者がブースター接種をできるとは確実でない。

12日の中央防疫対策本部によると、韓国のブレイクスルー感染事例は8月30日基準の推定値で3855人だ。接種完了者975万1718人のうち0.04%で、10万人当たり39.5人の割合だ。ワクチン別に見れば、ヤンセンが0.131%、アストラゼネカが0.042%、ファイザーが0.023%、混合接種(1回目アストラゼネカ、2回目ファイザー)が0.019%、モデルナが0.008%の順だ。単純計算すればヤンセンのブレイクスルー感染発生率はモデルナの16倍に達する。

年齢別では30代が最も多い。この年代の接種完了者200万9157人はヤンセン製を接種したケースが44.1%だ。第4波が20~30代の間で少なくない発生率を見せているのは、ヤンセン製の予防効果が相対的に下がりブレイクスルー感染につながったものという分析が出ている。20代の接種完了者の大部分はファイザー製を打った。ブレイクスルー感染のうち20代の事例は30代の半分以下だ。

ヤンセン製は一時人気ワクチンだった。1回だけ接種しても抗体が形成されるためだ。米国が提供したヤンセン製ワクチンは満30歳以上の予備軍と民防衛を対象に事前予約を受けたが、90万人分がすぐになくなった。オンライン上では「予備軍をうらやましく思うのは初めて」などの反応も出てきた。だが若い層の間で血小板減少症を伴う血栓症(TTS)の副反応の懸念などが出てきて人気が落ち込んだ。

韓国政府は早ければ来月にも高齢者など高リスク群からブースター接種を実施する計画だ。12日午前0時基準で60代以上のヤンセン製ワクチン接種者は7万9574人で、韓国の全ヤンセン接種者133万3806人の6%ほどとなる。彼らにどのワクチンを接種するのかは決まっていない。

ヤンセンの親会社であるジョンソン・エンド・ジョンソンは先月25日、ヤンセン製ワクチンの追加接種時に抗体水準が1回接種から4週間後より9倍に高まったと発表した。しかし現在ヤンセンは米政府のブースター接種計画に含まれていない状態だ。

それでも1回目にヤンセン、2回目にファイザーまたはモデルナの接種もすぐには容易でない。韓国で混合接種が承認されたのは1回目アストラゼネカ、2回目ファイザーだけだ。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    ブレイクスルー感染最多のヤンセン接種者、ブースター接種はいつ打てるか=韓国

    2021.09.13 12:06
    뉴스 메뉴 보기
    ヤンセン製ワクチン
    TOP