주요 기사 바로가기

「韓国保守派の次期大統領候補支持率」洪準杓氏、また尹錫悦氏に勝った

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2021.09.09 10:45
0
9日、発表された野党の次期大統領候補選支持率調査で洪準杓(ホン・ジュンピョ)国民の力議員が初めて誤差の範囲を超え、尹錫悦(ユン・ソクヨル)前検察総長を上回ったという結果が出た。

オーマイニュースが世論調査会社リアルメーターに依頼した9月第2週次期大統領選調査結果によると、保守野党の大統領候補にふさわしいと考えられている割合は洪準杓議員が32.6%だった。これは8月第4週に比べて12.4%ポイント上昇した数値だ。

続けて、尹前総長が25.8%を記録した。尹前総長の支持率は、同期間2.8%ポイント下落した。

劉承ミン(ユ・スンミン)元議員の支持率は9.9%となった。

共に民主党の大統領候補適合度調査では、李在明(イ・ジェミョン)京畿道(キョンギド)知事が34.9%を占めた。李洛淵(イ・ナギョン)前民主党代表が26%、朴用鎮(パク・ヨンジン)議員が6.2%で続いた。

与野党を合わせた次期大統領候補支持率調査では、李知事が27%を記録し、首位となった。2週間前の調査より2.1%ポイント上昇した。

尹前総長は24.2%、洪元議員は15.6%、李前代表は13.7%だった。

尹前総長と李知事の仮想両者対決では、尹前総長が39.6%を占め、優勢だった。李知事は、この両者対決で38%を記録した。

尹前総長と李元代表の場合は39.9%と34.6%、李知事と洪議員は37.4%と33.4%、李前代表と洪議員は36.2%と33.3%だった。

リアルメーターは尹前総長に関して最近浮上した、いわゆる「告発教唆」疑惑問題が、今回の調査結果に影響を及ぼしたと分析した。尹前総長の1強独走体制から、尹前総長と洪議員の2強体制へと急激な構図再編の様相を見せているという説明だ。

また、党内予備選挙に関連して逆選択条項が整理されたが、まだ「野党の支持候補」対「拡張性」の議論が続いており、第2ラウンドが続くという見方も出ている。洪議員は、民主党支持層(35.9%)と開かれた民主党の支持層(45.9%)で、平均に比べ高い支持を受けたが、国民の力の支持層でも31.3%を記録した。

尹前総長の場合、国民の力の支持層と保守層で各48.8%、45.8%の支持率を見せた。

今回の世論調査は、6日から7日までの2日間、全国満18歳以上の成人男女2019人(3万6916人アクセス、回答率5.5%、誤差範囲95%の信頼水準で±2.2%ポイント)を対象に調査した。

調査は、無線(90%)・有線(10%)の自動応答(ARS)方式で行われた。票集の方法は、ランダム生成票集フォーマットによる任意のダイヤル(RDD)方式を使用した。統計補正は2021年8月末、行政安全部住民登録人口統計を基準に、性別、年齢別、地域別加重付与方式(リム加重)で行われた。

詳細は、リアルメーターと中央選挙管理委員会のホームページで確認できる。

これより前に、Rnサーチが京畿新聞の依頼で、3~4日に全国の18歳以上の1017人を対象に調査を実施し、5日に発表した国民の力大統領候補適合度調査によると、洪議員は32.5%で、尹前総長(29.1%)を誤差の範囲内でリードし、初めて1位を記録した。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    「韓国保守派の次期大統領候補支持率」洪準杓氏、また尹錫悦氏に勝った

    2021.09.09 10:45
    뉴스 메뉴 보기
    7日、ソウル江西区麻谷道(カンソグ・マゴクドン)ASSAビルの放送スタジオで行われた国民の力「第20代大統領候補1次予備選挙候補者の3大政策公約を発表」で尹錫悦大統領選挙候補(写真右)と洪準杓候補が言葉を交わしている。[写真 韓国国会写真記者団]
    TOP