주요 기사 바로가기

韓国経済人団体、「韓国・台湾、CPTPPに同時加入を提案」

ⓒ 中央日報日本語版2021.09.08 14:37
0
韓国全国経済人連合会は7日午後、台湾国際経済合作協会(CIECA)と合同で「第45回韓・台湾経済協力委員会」の合同会議のをオン・オフライン方式で開催し、半導体、バイオ・ヘルスケア分野などをテーマに協力方案を議論した。

韓・台湾経済協力委員会は、1968年に設立し、1992年に韓・台湾国交断交時に中断したが、2000年に再開した会議で、両国間で唯一の民間経済協力チャンネルの役割をしている機構だ。

韓・台湾経済協力委員会の韓国側のキム・ジュン委員長は「韓・台湾の経済協力強化のための制度的課題として、韓国・台湾両国のCPTPP同時加入を提案する」と述べた。両国がCPTPPに同時加入すれば、すでに加入している国との交渉時に互いの連携を強化し、相乗効果を出すことができるという説明だ。

KOTRA台北貿易館のキム・ジュンギュ館長は、「韓国は台湾にメモリー中心に輸出し、非メモリー中心に輸入している」とし「両国の関係が競争構造に注目されるが、相互協力して補完することができる面も大きい」と述べた。

バイオ・ヘルスケア分野については、韓国保健産業振興院のファン・スヌク本部長が「韓国・台湾が両国とも国民健康保険制度を実施しており、全国民に医療給付を差別なく提供している」とし「両国の多くの共通点に基づいて、相互協力を多様化し、特にバイオデジタル産業など次世代バイオヘルス分野の革新的な交流が拡大することを願う」と述べた。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP