주요 기사 바로가기

<W杯サッカー>孫興民が封じられた韓国、イラクと0-0引き分け

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2021.09.03 08:17
0
険しい旅程を予告する試合だった。サッカー韓国代表がワールドカップ(W杯)最終予選の初戦でイラクと得点なく引き分けた。

パウロ・ベント監督(53、ポルトガル)が率いる国際サッカー連盟(FIFA)ランキング36位の韓国は2日、ソウルワールドカップ競技場で行われたイラクとの2022年カタールW杯アジア最終予選A組第1戦を0-0で終えた。韓国はイラク、イラン、アラブ首長国連邦(UAE)、シリア、レバノンの中東チームと同じ組で、悪夢のような中東遠征が続く。序盤はホーム3連戦であるため初戦が重要だったが、勝ち点1の獲得に終わった。

韓国は孫興民(ソン・フンミン、29、トッテナム)、黄儀助(ファン・ウィジョ、29、ボルドー)、金敏在(キム・ミンジェ、25、フェネルバフチェ)など欧州組を総動員した。しかし勝利にはつながらなかった。イラクとの対戦成績は7勝2敗12分けとなった。

韓国は前半序盤、活発なサイド攻撃を見せた。黄仁範(ファン・インボム、25、ルビン・カザン)の鋭いパスも何度か通った。前半21分には金紋奐(キム・ムンファン)のクロスから孫興民がシュートを放ったが、ゴールにつながらなかった。前半26分、CKから李在成(イ・ジェソン)がゴール前でシュートしたが、バーを越えた。前半の最も惜しまれる場面だった。

後半は攻めあぐねた。サイドにボールを回してクロスを入れてもイラクの守備に阻まれた。

後半27分、洪チョル(ホン・チョル、31、蔚山現代)のクロスに黄喜燦(ファン・ヒチャン、25、ウォルバーハンプトン)が頭で合わせたが、GKの正面だった。イラクは終盤、守備を固めて勝ち点を獲得した。

ベント監督は勝利を狙って早くから交代カードを取り出した。後半開始と同時に南泰煕(ナム・テヒ、30、アル・ドゥハイル)を投入し、後半13分には黄喜燦と李鎔(イ・ヨン、35、全北現代)を投入した。攻撃的な4-2-3-1で圧力を加えた。比較的早い時間の後半24分、最後の交代カードで李在成(イ・ジェソン、29、マインツ)を抜いて権昶勲(クォン・チャンフン、27、水原サムスン)を入れたが、試合の流れを変えることはできなかった。

チャンスはむしろイラクが作った。イラクは後方から鋭いパスをFWアイメン・フセイン(ウム・サラル)に通した。韓国は何度か危機を迎えたが、中央DF金敏在がフセインを阻止した。

イラクでも韓国戦に対する関心が高かった。最終予選では組2位までが本大会に直行する。イラクとしてはA組の2強、イラン(26位)と韓国を越えてこそカタールに行くことができる。そのためか試合前からオンラインでイラクのファンが韓国のエース孫興民を対象に神経戦を見せた。

イラクメディアの「エアフォースニュース31」はSNSで、イラク代表DFアフメド・イブラヒム(29)が倒れている孫興民の顔を踏みつけている写真を掲載した。孫興民は降伏の意味を込めた白旗を揚げている。

イラクのデザイナー、アンマル・クリドは自身のSNSに、イブラヒムと別のDFサド・ナティクが縄で縛られた孫興民を指す写真を載せた。

合成写真のような悲惨な結果ではなかったが、結果的に孫興民はイラクの守備を崩すことができなかった。イラクはボール支配率では韓国を下回ったが、組織的な守備を見せた。韓国選手に劣らない体格と体力が目を引いた。特に韓国のエース孫興民にボールが渡ると2、3人が守備をした。

孫興民は宋敏圭(ソン・ミンギュ、22、全北)と左右のポジションを入れ替わりながらプレーしたが、シュートチャンスは多くなかった。集中的なマークを受けたためチームメートを活かそうとしたが、うまくいかなかった。

韓国は7日、水原(スウォン)ワールドカップ競技場でレバノンと第2戦を行う。レバノンはランキング98位で、2次予選でも対戦して1勝1分けだった。対戦成績では韓国が10勝1敗3分けと圧倒している。

一方、B組の日本はホームで行われたオマーン戦で0-1で敗れた。後半43分、オマーンのFWイサム・アブダラ・アルサビに決勝ゴールを許した。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    <W杯サッカー>孫興民が封じられた韓国、イラクと0-0引き分け

    2021.09.03 08:17
    뉴스 메뉴 보기
    2日、ソウルワールドカップ競技場で行われた2022FIFAカタールW杯アジア最終予選初戦のイラク戦で、孫興民(ソン・フンミン)が突破している。 写真提供=大韓サッカー協会
    TOP