주요 기사 바로가기

米国、「コロナ武漢起源説」の結論出せず

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2021.08.30 10:31
0
米国情報当局が新型コロナウイルス感染症(新型肺炎)の起源に対して再調査を実施したが、ウイルスの「自然発生説」と「中国武漢ウイルス研究所流出説」の間ではっきりとした結論を下すことができなかった。ただし、一部から提起されていた生物兵器開発の可能性は明確に排除した。

今月28日(現地時間)、米紙ワシントン・ポスト(WP)などによると、国家情報局(DNI)はこのような内容をまとめた新型コロナ起源に関する報告書をジョー・バイデン大統領に報告した後、核心の内容を公開した。今回の調査は今年5月、バイデン大統領の指示によって行われ、報告書作成には90日間で18の情報機関が参加した。

報告書は新型コロナウイルスが中国武漢の研究所で作られたのか、あるいはウイルスに感染した動物から人間に伝染したのかに関して、はっきりとした結論を下すことができなかった。また、中国政府の協力がなければウイルス起源に関する結論に到達するのは難しいと見通した。

これに先立ち、今年初めに中国武漢を訪問した世界保健機関(WHO)研究チームは、ウイルスが武漢市場で販売されていた動物から拡大した可能性が高いという結論を下した。

バイデン大統領は報告書公開後の声明で「中国は今も透明性の要求を拒否し、情報を渡さないでいる」とし「世界は答えを知らなければならず、私はこれを得るまで手を止めない」と明らかにした。

中国は反発している。外交部の馬朝旭副部長は中国中央テレビ放送のインタビューで「米国が、徹底した政治報告であり虚偽報告を出して中国を貶めた」としながら「中国が不透明で非協調的という主張は、瞬きもせずに嘘をつくことであり、むしろ米国のほうが不透明で非協調的」と批判した。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    米国、「コロナ武漢起源説」の結論出せず

    2021.08.30 10:31
    뉴스 메뉴 보기
    新型コロナウイルス
    TOP