주요 기사 바로가기

中国第2世代ステルス戦闘機FC-31、武漢模擬訓練所で確認される

ⓒ 中央日報日本語版2021.06.11 15:01
0
中国の第2世代ステルス戦闘機FC-31の原型機と見られる戦闘機が湖北省武漢の航空母艦模擬訓練所で確認されたと香港明報が11日、報じた。



同メディアは米国軍事サイト「THE WAR ZONE」が今月8日にこのように報じたと伝えながら、中国軍事専門家の言葉を引用して、これはFC-31の改良型が中国の次世代航空母艦塔載機になる可能性を示していると説明した。

FC-31は中国がJ-20に次いで開発したステルス戦闘機で、米国のF35と類似の仕様を備えているという。J-20より小型かつ軽量で中国海軍の次世代空母塔載機になる可能性が高いという予想が提起された。

ただしマカオ軍事専門家アンソニー・ウォン(黄東)氏はすでに中国軍に配備されたJ-20に比べて劣等なFC-31は中国空軍から選ばれなかったとし、中国海軍も躊躇(ちゅうちょ)していると指摘した。あわせてFC-31が模擬訓練所に登場したのは試験用にすぎないと一蹴した。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    中国第2世代ステルス戦闘機FC-31、武漢模擬訓練所で確認される

    2021.06.11 15:01
    뉴스 메뉴 보기
    中国のステルス戦闘機「J-20(殲20)」
    TOP