주요 기사 바로가기

テスラ「電気自動車の火災、内燃機関の車よりはるかに少ない」

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2021.08.27 15:02
0
GMのリコール事態で電気自動車の安全性問題が浮上した中、「電気自動車は内燃機関の車と比べると火災の発生がはるかに少ない」というテスラの報告書がまた注目されている。

27日の電気自動車専門メディア「インサイドEVs」によると、テスラは「2020インパクト報告書」を通じて、テスラの電気自動車と内燃機関の車の火災発生件数を比較した。

報告書は「2019年に米国で19万件の車両火災が発生したが、このうち電気自動車の火災はごく一部だった」と指摘した。「2012年-20年のテスラの火災は2億500万マイル(約4億230万キロメートル)あたり1件」とも明らかにした。一方、米国火災予防協会(NFPA)と運輸省(DOT)の資料によると、米国で発生する車両火災事故は1900万マイルあたり1件。

テスラは「火災の危険性をゼロに近づけるためバッテリーケミストリーとセル構造、バッテリーパック構造、車両手動安全性を持続的に改善している」と説明した。これに先立ちテスラは米国で6月に発売した「モデルSプレイド」で火災が発生するなど、車両火災事故に苦労してきた。

グローバル科学専門誌ポピュラーサイエンスも電気自動車と内燃機関の車の火災リスクを比較分析した結果、内燃機関の車と比較して電気自動車ははるかに安全だという評価を出した。両車種の歴史の差が大きいという点も考慮する必要があると指摘した。

ポピュラーサイエンスは「GMリコール事態で電気自動車の火災リスクに注目が集まっているのは事実だが、電気自動車だけに火災の危険性があると考えれば誤解」とし「むしろ軽油やガソリンを使う内燃機関の車の火災危険性は電気自動車の11倍にのぼる」と伝えた。

自動車専門誌アウトビルトも似た内容の分析をした。ドイツでは一日平均40台ほどの自動車火災事故が発生するが、ほとんどがガソリン車またはディーゼル車ということだ。

ドイツの国際公認試験機関DEKRAの研究員は「我々の調査によると、電気自動車の火災の危険は従来の動力の自動車に比べて高くない」と明らかにした。ドイツ保険協会(GDV)も独自の統計資料で、電気自動車の火災の危険性が高いという結論を出せなかった。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP