주요 기사 바로가기

韓国野球の相次ぐ不祥事にOB団体「先輩たちが役割を果たせなかった」

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2021.08.11 16:03
0
社団法人「一球会」が韓国野球界の実態について謝罪した。

韓国野球は危機だ。遠征の宿舎で外部者と飲酒して新型コロナ防疫守則を違反した選手が次々と確認され、東京オリンピック(五輪)ではメダルも獲得できず失望感を与えた。後半戦を控えた時期には飲酒運転、禁止薬物服用疑惑が浮上した。

野球界の元老が代表選手の態度に苦言を呈したが、代案もなく批判ばかりする先輩たちの姿を懐疑的に見る視線も少なくなかった。

野球OB会「一球会」は後輩の代わりに頭を下げた。11日に立場を表明し、「1982年にプロ野球が始まって以降、量的な成長は遂げたが、社会的地位にふさわしい貢献など質的な成長は遅れていた。これは現役選手だけの問題ではなく、野球の先輩たちが役割を果たせなかったためであり、引退選手を代表して頭を下げてお詫びする」と伝えた。

続いて「巨額の年俸や多くの観客など量的成長ばかり重視してきたことが結局、韓国野球の危機につながった」とし「野球を通じて規定を守る遵法精神、一つの目標に向かって進む団結力、結果より過程中心主義、失敗からの成長などいろいろなものを学ぶことができる。技量発展中心の野球より野球本来の精神に戻らなければいけない」と主張した。

一球会は形式的な教育者でなく意思疎通の効果を最大化する案を考慮している。今後、KBO、球団、韓国野球ソフトボール協会との協業を通じて、充実した選手教育プログラムを構成する考えだ。

一球会は「今までの問題を反省し、ファンの声援に応える韓国野球になるよう少しでも力になっていく」とし「「改めて野球の後輩たちに模範になれなかった点について深く謝罪する」と伝えた。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    韓国野球の相次ぐ不祥事にOB団体「先輩たちが役割を果たせなかった」

    2021.08.11 16:03
    뉴스 메뉴 보기
    韓国プロ野球 イム・ヒョンドン記者
    TOP