주요 기사 바로가기

<東京五輪>韓日戦に敗れた韓国野球代表監督「八回、コ・ウソクが抑えてくれたらと…」

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2021.08.05 07:23
0
韓国野球が13年ぶりとなるオリンピック(五輪)野球韓日戦で敗北を喫した。

金卿文(キム・ギョンムン)監督が率いる韓国野球代表チームは4日、神奈川県横浜スタジアムで開かれた東京オリンピック(五輪)野球準決勝日本戦に臨み、2-5で敗れた。敗者復活戦に回った韓国は5日夕方、決勝進出をかけて米国と対戦する。この試合に勝てば日本と金メダルをかけて再び戦うことになる。もし敗者準決勝でも敗れる場合、7日にドミニカ共和国と銅メダル決定戦を行う。

準決勝は八回まで2-2できっ抗した。日本が三回と五回にそれぞれ1点を入れた後に韓国は六回に2得点をあげて同点に追いついた。

互いに一歩も譲らない勝負が動いたのは八回裏、日本の攻撃。八回裏二死満塁でコ・ウソクが山田哲人に走者一掃となる二塁打を浴びた。韓国はコ・ウソクを交代せずに続投させたことが結果的に「敗着」になった。

金卿文監督は試合後、「八回まで試合は迫力にあふれていたと考える。八回でコ・ウソクが抑えてくれたらという思いだった。(他の選手が)ブルペンで投球練習をしたが、明日の試合も考えないわけにはいかなかった。コ・ウソクがやってくれたらと思ったが…結果は悪かったが、明日の試合を頑張りたい」と話した。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    <東京五輪>韓日戦に敗れた韓国野球代表監督「八回、コ・ウソクが抑えてくれたらと…」

    2021.08.05 07:23
    뉴스 메뉴 보기
    4日、神奈川県横浜スタジアムで開かれた2020東京オリンピック(五輪)野球準決勝、韓国対日本の試合。3回裏、金卿文(キム・ギョンムン)監督がグラウンドを見つめている。[写真 横浜=オリンピック写真共同取材団H]
    TOP