주요 기사 바로가기

日本で開かれているのに「日本不在」?…東京五輪を輝かせるIT技術

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2021.07.28 10:47
0
「日本の技術衰退を如実に示している」。

1964年に開催され、今月23日に開幕した「2回の東京オリンピック(五輪)」に対してブルームバーグ通信はこのように診断した。世界の人々の耳目が集まったが、彼らを魅了させる新技術が目に入ってこないという酷評だ。

2000年代以降、五輪は開催国の技術力をアピールする独壇場と呼ばれる。2012年ロンドン大会で英国BBCは全種目競技をHD級高画質で中継して注目された。2018年平昌(ピョンチャン)冬季大会では5世代(5G)自動運転バスがイベント会場を行き来した。

五輪で新技術を誇った「元祖」は1964年東京五輪だった。当時日本は世界最初の高速鉄道「新幹線」を開通させて「日本=先端技術」という修飾語を作った。

今回も自動運転やロボット・水素電気自動車などで画期的成果を見せるという期待があった。だが、トヨタ・ソニーなど日本の「国家代表企業」はこれといった新技術を公開することができなかった。開催国・日本のプライドがへし折られる間、その空白を埋めたのは米国・スイス・中国のオリンピック(五輪)パートナー企業だった。

(1)ファン・ソヌの指先の「これ」、実は最新技術

陸上や水泳のような種目では記録と動きを正確に測定することが最も重要だ。五輪公式タイムキーパーのスイス・オメガは400トンの精密装備でリアルタイムデータを測定することで有名だ。

オメガは今回の五輪水泳種目に「イメージ追跡カメラ」を導入した。競技場に設置されたカメラを通じて選手たちのリアルタイムの速度や選手間距離・ストローク数がテレビモニターに記録される。ストローク数を把握できるため、誰がいつ最も速度をあげたのかも正確に知ることができる。27日に開かれたファン・ソヌ選手の男子自由形200メートルの競技中継でも、上位1~3位選手のリアルタイム速度が画面に表示された。

陸上種目では「モーションセンシングおよびポジショニング感知システム」を新たに公開する。東京で陸上スプリント選手は五輪史上初めて「モーションセンサー」を背中につけて走る。クレジットカードの倍ほど大きさ、厚さは半分ほどの約13グラムのセンサーだ。これを通じて各選手の速度をリアルタイムで確認することができる。

米国インテルは「3次元(3D)選手トラッキング(3DAT)」技術を開発した。何台ものカメラから映像を収集して選手の動きを3Dでリアルタイムで抽出する。動く選手の体から22個の主要ポイントをトラッキングして3Dとして一つの骨組みを作る原理だ。

トラッキングによって構成された骨組みを追跡して速度・身体角度・歩幅・加速ポイントなどを分析し、肉眼では細かく観察できなかった部分まで把握することができる。トレーニング後のフィードバックや放送中継にも適用することができる。30日から翌月4日まで開かれる100メートル・200メートルと400メートルリレー、ハードル種目などに適用される。

(2)体感38度の猛暑、熱中症を防ぐイヤーウエア

最近の東京は真昼の体感最高気温が38~40度に達する猛暑が猛威を振るっている。国際オリンピック委員会(IOC)のパートナー企業の一つである中国アリババは五輪期間中に野外で勤務する職員を熱中症から保護するための技術を発表した。

耳に「知能型イヤーウエア」(Intelligent ear-worn device)を着用した後、体温と脈拍数を測定して熱中症危険水準をリアルタイムで把握するやり方だ。ここに環境指数を考慮し、ハイリスクが確認された職員には警告とともに水の摂取のような予防措置事項が伝えられる。

アリババ関係者は「気温・湿度・日射量などで測定する暑さ指数(WBGT)をモニタリングして予測することもできる」と説明した。

(3)「青い地球」作った高性能ドローン1824機

東京五輪開幕式で最も目を引いた場面は夜空を美しく彩った「ドローンショー」だった。五輪エンブレムを演出した1824機のドローンが地球に変身する姿が核心だ。この時使われたドローンはインテルの「シューティングスター(Shooting Star)」モデルだ。重さ340グラムと軽量であるにもかかわらず、秒速11メートルの風にも耐えることができる。

ドローンショーは平昌五輪で初めて登場した。インテル側は「今回のモデルはドローンに装着する高性能発光ダイオード(LED)を1個から4個に増やし、以前より鮮明で繊細なグラフィックを表現することができる」と説明した。

全体ドローンの数は約1200機だった平昌より1.5倍に増えた。ドローンを動かしてアニメーションを作るスピードも速まり、駆動時間ものびた。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    日本で開かれているのに「日本不在」?…東京五輪を輝かせるIT技術

    2021.07.28 10:47
    뉴스 메뉴 보기
    東京オリンピック(五輪)現場職員が知能型イヤーウエアを着用した様子。体温や脈拍数などを基にに熱中病の危険水準を知らせてくれる。[写真 アリババ]
    TOP