주요 기사 바로가기

米国、デルタ株で感染者12万人に急増…接種者のマスク着用を検討

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2021.07.26 10:44
0
新型コロナの変異ウイルス「デルタ株」が全世界で急速に広がって第4次大流行の恐怖が現実化している。一日感染者が1カ月前まで1万人水準だった米国は、5カ月が過ぎた23日(現地時間)再び10万人を上回った。1カ月前に5000人台に落ちたフランスは今月に入って2万人台に急増している中、ワクチン接種の義務化に反対するデモで疲弊している。

24日、ジョンズ・ホプキンス大学によると、前日米国の新規感染者は11万8791人で2月以降初めて10万人を超えた。ニューヨークタイムズ(NYT)の23日集計では最近7日間一日平均感染者が4万8746人で、2週間前の2.73倍だった。入院患者も57%増えた2万8780人、一日平均死亡者は20%多くなった271人だった。NYTは「ジョー・バイデン行政府の高官が『今後65歳以上の高齢層と免疫脆弱者がブースターショット(ワクチンの追加接種)の対象になるだろう』と述べた」と報じた。

新規感染者のほとんどはデルタ株による感染者で、現在米国で感染者の増加速度が最も速いルイジアナ州では新規感染者の80%以上を占める。ミズーリ州セントルイスは26日から公共場所でワクチン接種者を含むすべての人に室内でマスク着用を再び義務付けた。

米疾病予防管理センター(CDC)は5月13日、ワクチン接種者に限り病院・学校などの室内を除いてはマスク着用を義務付ける勧告を解除したが、地域次元で防疫再強化に入った。

デルタ株はすべての大陸で急速に広がり感染者を増やしている。欧州では先月5000人割れとなったフランスの一日感染者が24日2万5624人に増えた。イタリアでもこの日感染者が5140人で、5日の480人より10倍以上に増加した。

19日「自由の日」を宣言して防疫規制を大幅に撤廃し、「新型コロナとともに生きる実験」に入った英国でもこの日3万1795人の感染者が発生した。インドネシアでは一日5万人を上回る感染者が発生し、ベトナムではこの日過去最多となる7968人が感染した。

24日、フランス全域でワクチン接種を事実上強制する政府措置に反対する大規模のデモが起きたとフランス24が報じた。フランス警察はこの日、首都のパリをはじめマルセイユ、リヨン、ナントなど主な都市で起きたデモに計16万人が参加したと推算した。デモは、エマニュエル・マクロン大統領が12日すべての医療スタッフのワクチン接種を義務付け、映画館・スポーツジムなど多重施設の利用の際に保健証明書を提出するように義務付けることで始まった。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    米国、デルタ株で感染者12万人に急増…接種者のマスク着用を検討

    2021.07.26 10:44
    뉴스 메뉴 보기
    新型コロナウイルス
    TOP