주요 기사 바로가기

「韓半島外交」にも登場したBTS…「韓米間に『パーミッション』はない」

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2021.07.22 17:21
0
文在寅(ムン・ジェイン)大統領は22日、訪韓したシャーマン米国務副長官と会談し、「韓米同盟と韓半島(朝鮮半島)の平和に向け多くの役割と寄与をすることを望む」と頼んだ。

文大統領はこの日の会談で「5月の韓米首脳会談時に韓米が対話と外交を通じて両国の共同目標である韓半島の完全な非核化と恒久的平和定着に向け協調を続けていくことにした」としてシャーマン副長官の役割を頼んだと青瓦台(チョンワデ、大統領府)のパク・ギョンミ報道官が伝えた。

文大統領は特に「シャーマン副長官は国務省の要職をあまねく経て韓半島と北東アジア情勢に精通したベテラン外交官で期待が大きい」と強調した。シャーマン副長官はクリントン政権で国務省の対北朝鮮政策調整官として北朝鮮問題を担当した代表的な北朝鮮通に分類される。

シャーマン副長官は文大統領の要請に対し、「北朝鮮が米国の対話提案に対して早期に呼応してくることを期待する。韓国と対北朝鮮政策関連で緊密に調整された努力をともにしていくことを望む」と答えた。その上で「中国訪問時に中国側とも対北朝鮮政策と関連した深い議論をしようと思う」との意向を伝えた。

シャーマン副長官は25~26日に中国・天津で王毅外相を含む中国側要人と会う。訪中日程は18日から始まった日本、韓国、モンゴル歴訪の終盤に追加された。シャーマン副長官はバイデン政権発足から現在までで中国を訪問する米国の最高位要人となる。

彼は21日に東京で開かれた韓米日外交次官協議会後の記者会見でも「北朝鮮が肯定的に反応することを望むがある程度忍耐心を発揮しなければならない」として北朝鮮に条件のない対話を促したりもした。

シャーマン副長官は韓半島問題のほかにも「強力な韓米同盟を結んでいる韓国と米国が気候変動など世界的な懸案で共同努力をしていくことを提案する」ともした。文大統領は「米国は気候変動サミットを、韓国はP4Gを開催し、韓国は引き上げられたNDCをCOP26で発表するために現在準備中で、COP28招致に向け努力している」と答えた。

一方、この日の会談でも防弾少年団(BTS)が対話の主要素材として登場した。

シャーマン副長官は「K-POPスターのBTSの『Permission to Dance』が世界的に人気だが、韓国と米国はともに呼吸を合わせたのでパーミッション(許可)は必要ない」として堅固な韓米同盟を強調した。文大統領はこれに対して、「帰国したらバイデン大統領に格別に安否を伝えるよう願う」と伝えた。

文大統領は前日にBTSを「未来世代と文化に向けた大統領特別使節」に任命した。BTSは大統領特別使節の資格で9月の第75回国連総会など主要国際会議にも参加する予定だ。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    「韓半島外交」にも登場したBTS…「韓米間に『パーミッション』はない」

    2021.07.22 17:21
    뉴스 메뉴 보기
    文在寅大統領が22日午前に青瓦台でシャーマン米国務副長官との会談に先立ち記念撮影をしている。[写真 青瓦台]
    TOP