주요 기사 바로가기

日本公使、文大統領の外交に「自慰行為」妄言…大使が「遺憾」表明

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2021.07.17 12:00
0
在韓日本大使館の関係者が「文在寅(ムン・ジェイン)大統領は自慰行為をしている」という趣旨で失言したことについて、相星孝一駐韓日本大使が17日、遺憾を表明した。相星大使はこの日、書面で「今回の発言は懇談中の発言とはいえ外交官として極めて不適切であり遺憾だ。報告を受けて厳重注意した」と立場を表した。

これに先立ちJTBCは、在韓日本大使館の関係者が昼食の席で、文大統領の外交などを評価しながら性的な表現を使用したと16日報じた。この大使館関係者は相馬弘尚総括公使であり、問題になったのは「マスターベーション」という表現であることが確認された。JTBCは「公開懇談会の席ではなかったが(相馬公使の)発言内容が常識でないとみて報道を決定した」と明らかにした。

相馬総括公使の発言で波紋が広がると、相星大使はこの日、「確認したところ、対話中に報道のような表現を使ったのは事実だが、これは決して文在寅大統領に対する発言ではなく、その場で不適切な発言だったとして撤回した」と釈明した。

日本大使館の関係者も「昼食を兼ねた非公式的な席で、日韓関係を説明する過程でそのような表現を使ったのは事実だが、これは文大統領に向けた表現ではなかった」とし「発言後にこの表現自体が適切でないと気づいた後、これを撤回して謝った」と明らかにした。

韓国メディアの報道内容に関連し、駐韓日本大使が自ら立場を発表して遺憾を表明するのは異例だ。特に相星大使が17日早朝に遺憾を表す立場を表明したのは、この発言と波紋を重く受け止めているという意味と解釈される。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP