주요 기사 바로가기

東京に必ず行こうとする任期末の文大統領…「成果のない屈辱訪日」世論心配

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2021.07.09 14:16
0
韓国青瓦台(チョンワデ、大統領府)が23日に開幕する東京オリンピック(五輪)に文在寅(ムン・ジェイン)大統領が出席する問題を巡り苦しい状況に陥った。東京五輪を韓日関係復元の契機にしなければならないという「目標」と、一歩間違えれば屈辱的対日外交と見られかねないという「現実」が衝突しながらだ。

青瓦台の核心関係者は9日、記者団と会い、「文大統領の五輪出席について決まったものはない」とし「首脳会談の実現とそれに伴う成果が予想される場合、訪日を検討できるという従来の立場に変わることがない」と明らかにした。この関係者の言葉は「首脳会談の方式は決まっていないが、23日から1泊2日の訪日日程が調整されている」というあるメディアの報道を否定するものだった。

しかし、この関係者は「文大統領の訪日には考慮事項が多く、最後まで開かれた姿勢で臨む」としながら訪日の可能性を開けておいた。

青瓦台はその間「過去史などを『ワンショット』で解決する前向き首脳会談」を文大統領の訪日条件として提示してきた。そして今月7日には朴洙賢(パク・スヒョン)国民疎通首席が「どうせ行くのだから韓日首脳会談が開かれれば良いと思う。『葛藤が解ける成果があれば』と思うのは、皆が望んでいること」と述べた。

五輪を半月余り後に控え、時間に追われた青瓦台が訪日と首脳会談に対する意志をありのままに表わすと、菅首相は8日、記者会見で「(文大統領が)訪日される場合は、外交上、丁寧に対応するのは当然のことだと認識している」と明らかにした。しかし韓国が条件として提示した首脳会談に対しては「韓国側出席者がまだ決まっていない」とした。

「文大統領がひとまず訪日を先に決めるなら『丁寧に対応』次元で首脳会談を検討してみるかもしれない』という意味にも取れる言葉だ。

これについて青瓦台関係者はこの日中央日報の電話取材に対して「日本政府はまだ公式に文大統領を招待するという意向を明らかしておらず、当然実務次元の日程調整も全く行われていない」とし「日本の露骨な言論プレイに続いて、首相まで一方的主張をしたことに対して断固として対処しなければならない」といら立ちを隠しきれない様子だった。

外交界では日本のこのような「冷遇」にもかかわらず、文大統領の訪日の可能性をさらに高くみている。屈辱的状況ではあるが、それだけ韓日関係正常化に対する文大統領の切迫さのほうが強いためだ。

青瓦台高官はこの日、中央日報に対して「行き詰まった韓日関係をこのまま放置すれば韓半島(朝鮮半島)問題をはじめとする核心懸案を解決する動力を得ることができない」とし「韓国政府としては任期がそれほど残っていない文大統領が五輪を契機にある韓日首脳会談を通じて問題を解決しなければならないという切迫した気持ちがあるのは事実」と話した。

韓日米同盟を基礎に、対中、対北戦略を広げようとする米国の要求と関連がある。文大統領が残りの任期で最も重点を置いている分野は南北関係の改善だ。ところが米国は韓半島戦略の前提に、事実上、韓日関係の復元を要求している。

青瓦台核心関係者は、中央日報に「日本との関係改善をしなければならないという文大統領の意志が強いのは事実」としながらも「だが、韓国が意味のある会談を訪日の条件として提示してきた状況で、何の確答もなく訪日を決めるのは国民感情にも合わない」とした。続いて「これまで協議そのものを避けてきた首相が『丁寧に対応する』と言って会談の可能性を示唆したのは、日本も協議の余地を開いておいた意味でもある」とした。

これに対して匿名を求めた野党圏のある要人は「これまで『竹槍歌』などを前面に出して反日感情を政治的道具として利用してきた文在寅政府が、政権末になって北朝鮮との対話のためにやむを得ず対日関係改善を試みるものとみられる」とし「意味のない首脳会談で、成果なく体面だけを損なう可能性もある」とした。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    東京に必ず行こうとする任期末の文大統領…「成果のない屈辱訪日」世論心配

    2021.07.09 14:16
    뉴스 메뉴 보기
    韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領(左)と菅義偉首相(右)。
    TOP