주요 기사 바로가기

中国外務省報道官「日本は台湾問題の言動に注意すべき」

ⓒ 中央日報日本語版2021.06.30 11:34
0
中国外務省の報道官が日本の政治家の台湾関連発言について警告した。

29日のロイター通信などによると、中山泰秀防衛副大臣は最近、米国のシンクタンク「ハドソン研究所」が主催したオンライン行事で、「中国の軍事的圧力に対抗し、民主主義国家の台湾を積極的に守る必要がある。日本と米国が協力して中国とロシアに抑止力を見せなければいけない」と主張した。

中国外務省の汪文斌報道官は29日の定例記者会見で「日本の政治家の発言に強い不満を表し、厳重抗議した」とし「中国の脅威を誇張し、公然と対抗して挑発した」と非難した。

続いて「この政治家は台湾を独立国家と称した」とし「台湾は中国の分割できない領土であり、いかなる形であれ中国の主権を害してはならず、台湾の独立勢力に誤った信号を送ってもならない」と強調した。

さらに「日本は台湾問題に関する言動に注意すべき」とし「中国は日本政府に二度とこのようなことが発生しないよう釈明を求める」と述べた。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    中国外務省報道官「日本は台湾問題の言動に注意すべき」

    2021.06.30 11:34
    뉴스 메뉴 보기
    中国外務省の汪文斌報道官
    TOP