주요 기사 바로가기

【中央時評】コンプレックス民族主義と歴史清算=韓国(1)

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2021.06.29 13:25
0
金九(キム・グ)は韓国人が最も尊敬する人物のひとりだ。私はそうでない軸に属するが、かなり以前『白凡日誌』を初めて読んで受けた衝撃のためかもしれない。監獄生活の苦痛をありったけぶちまけた後、彼はこう続ける。「妻が若いので体を売ってでも美味いものを持ってきてくれたらとさえ思う」。

今日の政治家が金九のような言葉を残したとすればどうなるだろうか。社会も変わり、人々の意識も変わった。しかし今日、私たちが金九の話をどう思おうが、彼の言葉が当時の社会と人々の意識を反映しているのは事実だ。それを認めることは歴史に対する基本的態度に続く。今日の社会と意識を歴史的状況にかぶせることは、歴史解釈ではなく脚色あるいは創作だ。

朝鮮人旧日本軍慰安婦を民族の聖女と称えたり、自発的売春女性だと貶めたりすることもそうだ。慰安婦の最も主要なアイデンティティは貧困と女性だ。裕福な慰安婦も、男性慰安婦もいない。慰安婦は「貧しい家の娘たち」だった。娘を売る貧しい父親が多かった。金九の言葉からも透けてみえるように、そのような父親を理解する人々が多かった。売買を中継する朝鮮人業者も多かった。

売られる娘たちの歴史は旧日本軍慰安婦で終わらなかった。解放後、米軍慰安婦と戦争によって韓国軍慰安婦の歴史は続いていく。研究者は韓国政府が米軍慰安婦と韓国軍慰安婦を非常に積極的に管理したという事実を明らかにしている。売られる娘たち、女性人身売買はその後も売春産業の主要な供給方式になる。

近ごろ、多くの市民がナヌムの家と正義連(日本軍性奴隷制問題解決のための正義記憶連帯)に憤怒した。旧日本軍慰安婦女性を支援し、彼らと共に戦うという名分の下に、私益を追求したとみることができるような情況が明らかになったためだ。「物乞い商売集団」という表現まで登場したので、市民の失望と怒りがどれほどか察するには十分だ。しかし、万一その情況が事実だとしても、その団体が初めからそのような目的を持っていたわけではなかった。彼らはなぜ変質したのだろうか。

その主要な条件として、コンプレックス民族主義を挙げることができる。韓国人が反日感情を持つ理由は言うまでもなく植民地の歴史のためだ。しかし、それは朝鮮民族全体と日本民族全体の間のことではなかった。日本支配階級(帝国主義勢力)と朝鮮民衆の間でのことだった。大多数の日本民衆も戦争に動員されて搾取される被害者であり、朝鮮の支配階級は日本支配階級と協調して安楽を維持した。

解放後、韓国支配階級はその歴史を民族全体のものとして作り出す。李承晩(イ・スンマン)は反民特委(反民族行為特別調査委員会)を壊しながらも、反日政策に固守し、日本軍歌を好んで歌ったサムライ朴正熙(パク・チョンヒ)は日本文化を厳格に禁じた。彼らはそのような政策のおかげで韓国内のさまざまな矛盾的状況の相当部分を覆うことができた。反日感情は、半世紀にわたって極右独裁勢力の手軽かつ効果的な支配手法だった。そして今では彼らに対抗して民主化運動をしたことを前面に掲げる現政権がこれを受け継ぎ、竹槍歌を歌い抗日を叫ぶ。 【中央時評】コンプレックス民族主義と歴史清算=韓国(2)

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP