주요 기사 바로가기

G7サミットで菅首相が最も警戒した人物は文在寅大統領=日本メディア

ⓒ 中央日報日本語版2021.06.22 10:10
0
11~13日、英国コーンウォールで開かれたG7サミットで菅首相が最も警戒した人物は文在寅(ムン・ジェイン)大統領という日本メディアの報道が出た。

朝日新聞は22日付記事で菅首相が帰国後、周りに「(今回の)サミットで最も警戒したのは韓国(文大統領)だった」と話したと伝えた。日本が韓国側に慰安婦問題の解決策を示すよう求めているなか、「手ぶら」の文大統領と突っ込んだやりとりをすれば批判を招く恐れがあるためとみられる。

韓国青瓦台(チョンワデ、大統領府)側はG7サミットを控えて文在寅大統領と菅首相の20~30分程度の略式会談を提案し、日本側が暫定合意したと認識していた。しかし、韓国側の主張によると、独島(ドクト、日本名・竹島)防御訓練問題で会談は開かれなかった。文大統領はG7サミット後、英国を離れながらSNSに「菅首相との初対面は韓日関係で新しい始まりになることができる大切な時間だった。会談につながることができなかったことを残念に思う」と明らかにした。

加藤勝信官房長官は14日、記者会見で両国が合意した文大統領と菅首相の略式会談を日本側が独島防御訓練を問題にして一方的に取り消したという韓国側の主張を否認し、菅首相の日程などの事情で略式会談が開かれなかったと伝えた。朝日新聞は日本政府関係者を引用して文大統領と菅首相が晩餐会場などで計3回会い、文大統領が話しかけ、菅首相が「ご丁寧にありがとうございます」などと応じて会話が深まるのを避けたと伝えた。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    G7サミットで菅首相が最も警戒した人物は文在寅大統領=日本メディア

    2021.06.22 10:10
    뉴스 메뉴 보기
    G7サミットで会った文大統領と菅首相[写真 英国首相室]
    TOP