주요 기사 바로가기

iUの中村学長「韓国のように世界で勝負するスタートアップが出てくるべき」

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2021.06.21 11:01
0
iU(情報経営イノベーション専門職大学)の中村伊知哉学長は2年前、慶応大教授から退いてiUを設立した。安定した職場を離れて創業したのだ。中村学長は「日本は過去30年間に退行してきた」とし「『コロナ敗戦』でようやく危機を認識し始めた」と指摘した。

--学生に創業をすべきという理由は。

「世界経営開発研究所(IMD)によると、2020年の日本の世界競争力は34位だった(韓国は23位)。高度成長期だった1989年は1位だったが、過去30年間に毎年1つずつ落ちた。韓国のように世界で勝負し、海外で挑戦する雰囲気が日本は弱い。それを高めるための手段の一つが創業だ」

--日本は優秀な官僚が国を引っ張ってきた。

「今は政府が単独で国を引っ張っていく時代ではない。官僚、大企業も重要だが、創業家も社会の主流にならなければいけない。ソフトバンクの孫正義会長のように大きな革新をする人材も必要であり、町の商店街を支える小さな革新をする人材も必要だ」

--ソニーやトヨタなど世界的な企業がなぜ誕生しないのか。

「教育、医療、行政分野の革新が遅れている。企業経営層もデジタル化がかなり遅れた。高度成長期の成功体験から30年間は何もしなかった。ソニーやトヨタも『太平洋戦争敗戦』後に急成長した会社だ。新型コロナで日本社会がようやく危機を感じることになった。『コロナ敗戦』を経験した今をチャンスにしたい」

--韓国の事例がよく言及される。

「いくつかの面で韓国が熱心にするのが日本にも良いことだと考える。日本は米国に負けても仕方がないと思ったりするが、韓国に負ければ頑張ろうとする」(笑)

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP