주요 기사 바로가기

団体写真で中央近くが国の地位? ノータイは儀典事故?…G7写真めぐる議論の誤解と真実(1)

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2021.06.16 12:02
0
11~13日に英コーンウォールで開催されたG7首脳会議の記念団体写真をめぐる議論が熱い。団体写真での文在寅(ムン・ジェイン)大統領の立ち位置と、ノーネクタイの服装などをめぐってだ。通常の儀典原則などに基づいて誤解と真実を探ってみた。

◇前列中央に文大統領、「大韓民国の地位」?

先進7カ国と招待国4カ国の首脳、国際機関トップの13人が一緒に撮った写真の中で文大統領は1列目の右から2番目にたった。開催国首脳のジョンソン英首相のすぐ横、中央に近い位置だった。

文化体育観光部もやはりこれを強調しようとするかのように該当写真を活用したフェイスブックへの投稿で「写真1枚で見る大韓民国の地位」というタイトルをつけた。この投稿の本文には「この位置、この姿が大韓民国の地位です。私たちはこれほどになりました」という内容が書かれた。文大統領が1列目の中央近くに立ったのは国際社会で韓国が占める地位のおかげだったという趣旨と解釈できる文面だった。

だがこれは通常の儀典序列に従ったものにすぎないというのが外交界の常識だ。複数の国の首脳が参加する多国間外交行事で団体写真を撮る際、最前列中央には常に行事主催国が立つ。そのほかは通常の儀典序列に基づき前後列あるいは中央と外側の配置が決まる。

ほとんどの国は「外賓の格」を分けているが、最も儀典序列が高いのが国家元首である大統領だ。次の序列が行政首班である首相だ。序列が同じ時は在任期間が長いほど、在任期間が同じなら年長であるほど序列が高いとみる。今回の団体写真もこうした儀典マニュアルに忠実に従ったもので、国の地位や国力などとは関係がない。

実際に写真の最前列には主催国首脳であるジョンソン首相を除くと全員大統領が立った。ジョンソン首相の左にフランスのマクロン大統領が、右に文大統領が立った。両首脳とも就任が2017年5月で、出席した大統領のうち任期が最も長い。バイデン米大統領は任期6カ月目で中央から遠い端に配置された。

2列目は全員首相が立った。日本の菅義偉首相が文大統領より後の列に立ったのも行政首班である首相であるためだ。日本の国家元首は天皇だ。ドイツのメルケル首相、カナダのトルドー首相も菅首相と同じく2列目に並んだ。

グテーレス国連事務総長とミシェル欧州理事会議長は3列目に立った。国際機関トップの位置は行事の性格により変わったりもするが、主催国の裁量によって決定されるとみるのが通常だ。 団体写真で中央近くが国の地位? ノータイは儀典事故?…G7写真めぐる議論の誤解と真実(2)

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    団体写真で中央近くが国の地位? ノータイは儀典事故?…G7写真めぐる議論の誤解と真実(1)

    2021.06.16 12:02
    뉴스 메뉴 보기
    青瓦台(チョンワデ、大統領府)の金光珍(キム・グァンジン)青年秘書官がシェアした「大韓民国政府」アカウントのフェイスブック写真。左端の南アフリカ大統領の部分がカットされている。
    TOP