주요 기사 바로가기

韓国・大邱でヤンセン製ワクチン接種の30代が死亡

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2021.06.14 11:23
0
ヤンセン製ワクチンを接種した30代が死亡する事例が初めて発生し当局が調査を始めた。疾病管理庁と大邱市(テグシ)が13日に明らかにしたところによると、30代後半のAさんは10日に大邱市寿城区のある医院でヤンセン製ワクチンを接種した後、発熱を伴う風邪と疲労などの症状を見せた。症状が改善しないため12日にある大学病院に入院したが、血圧が下がり続けこの日午前に死亡した。

当局はAさんに基礎疾患があったと明らかにしたが、遺族側は「過去に血液関連の疾患を患ったが完治しており、ワクチン接種前までは健康な状態だった」と主張した。



関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    韓国・大邱でヤンセン製ワクチン接種の30代が死亡

    2021.06.14 11:23
    뉴스 메뉴 보기
    ヤンセン製ワクチン
    TOP