주요 기사 바로가기

「一晩で怪物のように顔が腫れた」 20代女性の恐ろしい経験

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2021.06.08 10:16
0
ある英国女性が日光アレルギー(光線過敏症)を警告するために、本人かと驚くほど判別がつかなくなった腫れた顔の写真を公開した。

7日、英国メディア「ザ・サン」によると、英国在住の26歳ローレン・ステイシーさんは、太陽が照りつける日に日焼け止めクリームをしっかりと塗らずに屋外にいたところ、顔が腫れあがった。「日光アレルギー」のためだった。

ステイシーさんは2019年6月バルバドスで夏休みを送った。一晩明けてステイシーさんは鏡を見て衝撃を受けた。前をちゃんと見ることができないほど、目はもちろん、顔全体が大きく腫れたためだ。

ステイシーさんは「日光のせいで火傷をした」とし「翌日眠りから覚めたが、顔が腫れた感じだった」と話した。「目はくっついて、前を見ることができなかった」とし「顔全体が怪物のように膨らんだ」と付け加えた。

病院を訪れたステイシーさんは医師から深刻な日光アレルギー反応が原因だという診断を受けた。腫れを緩和するためにステロイドと抗ヒスタミン剤を処方された。日光アレルギーはひどい場合、顔が腫れ上がって呼吸困難などを誘発するときがある。

薬を飲んで十分に休息したステイシーさんは5日ぶりに腫れがひいて正常に戻った。ステイシーさんは「日光のせいで顔がこんなふうになるとは思わなかった」とし「猛暑は必ず日焼け止めクリームを隅々まで塗って肌の管理をしなければならない」と助言した。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    「一晩で怪物のように顔が腫れた」 20代女性の恐ろしい経験

    2021.06.08 10:16
    뉴스 메뉴 보기
    ある英国女性が日光アレルギー(光線過敏症)を警告した。※写真は記事の内容と関連ありません。[写真 Pixtabay]
    TOP