주요 기사 바로가기

アマゾンが韓国上陸へ…SKグループ会長「11番街で勝負」(1)

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2021.06.07 08:23
0
SKグループの崔泰源(チェ・テウォン)会長が電子商取引で世界1位の米アマゾンと組んで韓国流通市場再編に出る。

SKグループ関係者は6日、「SKテレコム系列の電子商取引企業11番街の新株引受権を通じ全株式の30%をアマゾンに渡す方式で両社間の協力を強化することになった。アマゾンは新株引受権を基に最大50%まで11番街の株式を取得する権利も得ることになる」と話した。これはアマゾンが11番街の筆頭株主に上ることもできるという意味だ。この場合SKは11番街の2大株主となる。

現在SKテレコムは11番街の株式の80.26%を保有する筆頭株主だ。2大株主になってもSKテレコムは11番街の物流網拡充などに向け大規模資金を投資するという計画だ。アマゾンが直接韓国の物流網に投資するには規制など環境が容易でないためだ。SKテレコムはこうした内容を盛り込んだ契約を早ければ来月中にアマゾンと締結することにした。韓国の電子商取引業界で4位の11番街は現在企業公開(IPO)を控えている。

SKグループが11番街の運営と関連した主導権をアマゾンに事実上渡すことにしたのは、急変する韓国の流通市場で現在の11番街の競争力だけでは事実上勢力を拡大しにくいという現実的認識がある。

11番街だけでは国内の電子商取引市場で難しいため、アマゾンが事実上直接「リング」に上がり実力を見せてほしいという意味だ。アマゾンは電子商取引で世界トップの企業で、売り上げは1584億ドルでウォルマートの5240億ドルに次いで世界2位の流通企業だ。

教保(キョボ)証券によると、11番街の昨年の国内電子商取引市場でのシェアは6%台だ。ロッテショッピング系列のロッテONの5%よりは優位にあるが、業界1位であるネイバーの17%、2位のクーパンの13%とは大きな開きがある。

2016年には11番街の電子商取引市場でのシェアは10%でイーベイ・コリアの18%に次ぐ2位だった。当時ネイバーのシェアは7%、クーパンは4%だった。電子商取引市場は成長を続けているのに11番街は事実上足踏みないしはマイナス成長をした格好だ。

統計庁によると、昨年161兆ウォンだった韓国のオンラインショッピング取引額規模は2025年には270兆ウォンに成長するものとみられる。

崔会長としては国内にいくつも残っていない「ブルーオーシャン」である電子商取引市場、さらには流通市場全体をネイバーとクーパンにこのまま明け渡すのを防ぐため勝負に出たのだ。「崔泰源式実用主義」ということだ。崔会長は2011年にもグループ内外の反対にも当時のハイニックス半導体(現SKハイニックス)を買収しグループの未来成長動力として育てた。 アマゾンが韓国上陸へ…SKグループ会長「11番街で勝負」(2)

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    アマゾンが韓国上陸へ…SKグループ会長「11番街で勝負」(1)

    2021.06.07 08:23
    뉴스 메뉴 보기
    崔泰源SKグループ会長兼大韓商工会議所会長が3日にソウルの大韓商工会議所で開かれた首相・経済団体長懇談会に参加し、金富謙首相の発言をメモしている。イム・ヒョンドン記者
    TOP