주요 기사 바로가기

元米大統領副補佐官「新型コロナ、中国研究所起源の把握が可能」

ⓒ 中央日報日本語版2021.05.31 13:51
0
トランプ前政権のホワイトハウスの安全保障担当者が新型コロナウイルスの起源が中国の武漢研究所という証拠を今後見つけ出すことが可能だという立場を明らかにした。

トランプ前政権のホワイトハウスで最後の大統領副補佐官(国家安全保障担当)を務めたポッティンジャー氏は30日(現地時間)、NBC放送に出演し、中国武漢研究所起源説を米国政府が検討する間、コロナの起源を知ることが可能だと述べた。

ポッティンジャー氏は最近、バイデン大統領の新型コロナ起源再報告指示に言及しながら、「私は90日以内に把握できることが多いと考える」と話した。

バイデン大統領は26日、新型コロナウイルスについて感染した動物に由来するのか、実験室の事故で発生したのかなど起源に関連して米情報当局の判断が分かれると述べ、追加の検討を経て90日以内に再報告すべきだと指示した。

一方、トランプ前大統領は新型コロナの中国研究所起源説を強く主張したが、世界保健機関(WHO)の1次調査ではコウモリから人で伝染した可能性があるという結果を出した。また、英情報機関も武漢研究所からウイルスが最初に流出したという疑惑について「可能性がある」と判断しているという報道もあった。

ポッティンジャー氏は、「中国政府が非協調的であっても確実な答えを把握できるのか」という質問に対し、「そう考えている。90日以上かかるかもしれないが、中国には大流行の初期段階で実験室からの流出を疑ったと話した多くの倫理的な科学者がいる」と答えた。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP