주요 기사 바로가기

中国専門家「北京ウイルス、武漢より強力」…WHO「原因、追加調査の必要」

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2020.06.16 14:52
0
中国の首都・北京の新発地農水産物卸売市場から始まったコロナ拡大傾向が尋常でない。

16日、中国国家衛生健康委員会によると、北京では新型コロナウイルス感染症(新型肺炎)の感染者が14日36人に続き15日にも27人発生した。これにより北京感染者は今月11日に初めて発生してから5日で100人以上となる106人を記録した。

このような北京内の集団感染(クラスター)をめぐり、世界保健機関(WHO)も「重要な事件(significant event)」と評した。また、中国内部では「武漢ウイルスより伝染力が高い」という懸念が出てきた。

16日(現地時間)、CNNなど外信によると、WHOで緊急事態対応を統括しているマイケル・ライアン氏は15日、スイス・ジュネーブのWHO本部で開かれた記者会見で「(北京で)50日以上地域感染事例が報告されていなかったが、集団感染が発生したことは懸念される」と話した。続いて「そうした点で大きなニュースだ。重要な事件」としながら「原因に対する追加調査が必要だ」と明らかにした。

ライアン氏は特に「北京は大都市で、アクセシビリティが良い都市という点が心配だ」としながら「状況を注視している」と伝えた。その一方で「感染原因に対する調査は中国当局が主導しなければならない」としながら「ただし、関連情報を国際社会に提供していくようにしたい」と付け加えた。

WHOのテドロス・アダノム・ゲブレイェスス事務局長も「成功的な統制能力を見せた国でも新型コロナが再発する場合がある」とし、各国政府に警戒心を緩めないよう呼びかけた。

中国では北京新発地農水産物卸売市場で見つかったコロナウイルスがコロナ事態の震源地である武漢華南市場で見つかったものより感染力が高いという専門家の警告が出てきた。

15日、環球時報によると、武漢大学医学部ウイルス研究所の楊占秋氏は「北京の市場で見つかったウイルスは武漢華南市場から出てきたウイルスに比べて強力だ(it is stronger than that of Wuhan)」と話した。

楊氏は北京新発地市場では4日間で79人の感染者が出てきた点を根拠に挙げた。武漢華南市場では昨年12月末から今年1月17日まで62人の感染者が発生した。だが、北京はこれよりも速いペースで拡散しているというのが楊氏の説明だ。

楊氏は北京と武漢の状況を比較して「ウイルスは人を通じて伝染して強くなったり弱くなったりもする」と話した。あわせて「今回の新発地市場で見つかったコロナウイルスの感染力は武漢華南市場を超えたと考えられる」と強調した。

続いて「もし新発地市場で見つかったウイルスが変異したものなら、新型コロナ治療剤とワクチン開発がさらに困難になるだろう」と懸念を示した。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    中国専門家「北京ウイルス、武漢より強力」…WHO「原因、追加調査の必要」

    2020.06.16 14:52
    뉴스 메뉴 보기
    新型コロナ
    TOP