주요 기사 바로가기

韓国大統領府「米、ワクチン要請が多すぎるそうだ…韓国とのスワップは難しい」

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2021.05.25 06:53
0
文在寅(ムン・ジェイン)大統領の3泊5日間の訪米で実現した韓米首脳会談で「ワクチンスワップ」を通した韓国国内へのワクチン供給が現実化しないことについて、青瓦台(チョンワデ、大統領府)は「特定国家とワクチンスワップを結ぶことは難しいと理解した」と明らかにした。

24日、青瓦台関係者は青瓦台出入り記者を対象にしたブリーフィングで、今回の韓米首脳会談の成果にワクチンスワップが含まれなかった理由について「米国側はワクチン支援を要請する国が多すぎると言った」と述べた。

この関係者は「特に、韓国は新型肺炎に上手く対応しており、所得水準も高いうえに、ワクチンを確保した国と評価されるために米国が新型コロナウイルス感染症(新型肺炎)状況が深刻な低所得国より韓国にワクチンを供給することは容易でなかったとみられる」と分析した。

また、青瓦台は「米国が韓国軍に対するワクチン支援を通じて55万人が接種できるワクチンを提供することにしたのもこのようなワクチン供給に関連した公平性と韓米同盟に対する配慮を考えた韓国側に対する特別な措置だったと考える」と説明した。

文大統領とジョー・バイデン大統領の韓米首脳会談は、韓国が米国からワクチンを追加で確保する契機になるだろうという見方があった。韓国企業の米国への直接投資と米国の韓国に対するワクチンの追加支援が「スワップ」の形式で実現するという期待感だった。今回の首脳会談で両首脳は韓国軍55万人に対するワクチン支援およびワクチンの委託生産で合意した。

同時に、この青瓦台関係者は今回の韓米首脳会談の成果として▼文大統領とバイデン大統領の個人的な信頼ときずな構築▼韓半島(朝鮮半島)の平和プロセス進展と動力確保▼韓米ミサイル指針の終了▼韓米ワクチンパートナーシップの強化▼韓米サプライチェーン、先端技術、海外原発市場など未来志向的なパートナーシップの強化▼気候変動や保健、貿易など世界的な挑戦課題への共同対応--などを挙げた。

この関係者は「かつては恩恵的、安保中心の同盟だったとすれば、互恵的・パートナー的同盟に発展している」とし「韓国の国際社会での力がそれだけ大きくなっているから可能なことだと考える」と説明した。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    韓国大統領府「米、ワクチン要請が多すぎるそうだ…韓国とのスワップは難しい」

    2021.05.25 06:53
    뉴스 메뉴 보기
    青瓦台
    TOP