주요 기사 바로가기

韓国ラーメンメーカー「アーニングショック」…農心・三養営業利益が半減

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2021.05.19 15:57
0
昨年新型コロナウイルス感染症(新型肺炎)で特需を享受していた韓国ラーメン業界が、今年1-3月期は相対的に良くない成績表を手にすることになった。韓国食品大手の農心(ノンシム)や三養(サムヤン)食品などの営業利益は事実上半減した。コロナ特需が停滞して需要が減少し、原材料価格や海上運賃の急騰など諸般費用がかさんだことが原因だと分析される。

18日、金融監督院電子公示システムによると、農心の今年1-3月期の営業利益(連結基準)は前年同期比55.5%減となる293億ウォン(約28億円)を記録した。売上は7.7%減となる6344億ウォンだ。このうちラーメン等麺類の売上が3000億ウォンで15.4%減った。スナックの売上は6.6%減となる853億ウォンだった。

三養食品も今年1-3月期営業利益は143億ウォンで46.2%減少した。国内の売上は606億ウォンで23.3%減ったが、海外の売上が2.6%増えて(793億ウォン)売上全体では10.5%減となる4611億ウォンとなった。オットゥギの場合、売上は3.84%増えたが(6712億ウォン)、営業利益は前年同期比12.26%減となる502億ウォンを記録した。

 
ラーメン業界の営業利益悪化は昨年新型コロナ事態で享受した特需効果の消滅に伴うものとみられる。農心は昨年1-3月期に新型コロナが本格的に拡大してラーメンとスナックの需要が暴騰し、営業利益が前年同期比101%増えたほか、売上も17%増えたサプライズ実績を記録した。だが海上運賃が高くなり、輸出物流費用が膨らんで広告販促費や人件費などの費用が増えたことも影響を及ぼした。また世界的な穀物価額の高騰で小麦など原材料費用が上昇した影響も大きい。

関連記事

 

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    韓国ラーメンメーカー「アーニングショック」…農心・三養営業利益が半減

    2021.05.19 15:57
    뉴스 메뉴 보기
    農心辛ラーメンブラック[写真 農心]
    TOP