주요 기사 바로가기

韓国首相候補者「日本の汚染水放流、全地球を汚染…引き続き圧力をかけるだろう」

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2021.05.07 06:45
0
金富謙(キム・ブギョム)首相候補者が日本政府の福島第1原発事故の発生による汚染水の海洋放流決定に対して「単に隣国に対する被害だけでなく、全地球を汚染させる途方もない行為」とより強く批判した。

金氏は6日、国会人事聴聞会で「太平洋沿岸周辺国との国際的連携などを通して引き続き圧力をかけるだろう」と述べた。

金氏は「もしも汚染水が放流される時に備えてIAEA(国際原子力機関)視察団に必ず韓国代表団が入ることを要請した」として「IAEAからギャランティー(保障)するという回答を聞いたと承知している」と説明した。

また「大韓民国政府なら国民の命、また漁民の生計保護などのために徹底して引き続き検査し、安全性を保障しなければならないと考える」と強調した。

これに先立って、文在寅(ムン・ジェイン)大統領は国際海洋法裁判所への提訴を積極的に検討することを指示したことがある。これを受け、金氏は「最後の段階までいけるかの問題とは別に、国際的な注意を喚起させるための努力はするべきだ」と言及した。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    韓国首相候補者「日本の汚染水放流、全地球を汚染…引き続き圧力をかけるだろう」

    2021.05.07 06:45
    뉴스 메뉴 보기
    金富謙(キム・ブギョム)首相候補者
    TOP