주요 기사 바로가기

韓経:この危機に…スト圧力かける韓国の労働組合

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2021.05.05 10:03
0
韓国製造業全般でまたストライキの戦雲が漂っている。新型コロナ危機克服のために自制しようという声は消えた。現代重工業とルノーサムスン自動車はすでにストに苦しみ、一部の大企業の労働組合は希望する賃上げに応じなければ実力行使に入ると攻勢をかけている。

産業界によると、起亜労働組合は今年の賃金協約交渉で基本給月9万9000ウォン(約9640円、号俸昇級分除く、約4.3%)を引き上げ、昨年の営業利益(2兆665億ウォン)の30%の成果給支給を要求する計画だ。1人あたり約2000万ウォンの成果給を受けようということだ。

労働組合が10日の代議員大会を控えて組合員に説明した草案には、このほか▼定年65歳延長▼週35時間勤労制導入▼昼休み有給化--も含まれた。非現実的という指摘があるが、労働組合はいかなる手段を動員しても必ず貫徹させる態勢だ。

ルノーサムスン労働組合は4日、全面ストをすると宣言した。全面ストの決定に会社側が部分職場閉鎖で対抗すると、会社がこれを撤回するまで全面ストを続けると主張した。

現代重工業労働組合もストを繰り返している。サムスンディスプレイなど今までストがなかった企業でも賃金交渉が決裂し、ストの兆候が表れている。

経済界の関係者は「新型コロナ危機の終結よりも先に労働組合の『賃上げ請求書』が到着した」とし「韓国企業がポストコロナ時代に飛躍する機会を逃すかもしれない」と懸念を表した。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP