주요 기사 바로가기

韓国国土交通部長官候補夫人は窃盗、海水部長官候補夫人は陶磁器不法販売疑惑

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2021.05.03 12:06
0
朴晙ヨン(パク・ジュンヨン)海洋水産部長官候補が1日、夫人の高価陶磁器装飾品不法販売疑惑について謝罪した。

朴候補側はこの日、資料を通じて「思慮が浅い振る舞いで良くない疑惑が提起された点について申し訳なく思う」と伝えた。これに先立ち国民の力の金善教(キム・ソンギョ)議員は、朴候補の夫人が高価な英国製陶磁器を不法に販売した疑惑を提起した。金議員によると、朴候補の夫人ウ氏は夫が韓国大使館の公使参事官として在職していた2015-18年、コップや皿など大量の陶磁器装飾品を英国現地から購入し、「外交官引っ越し荷物」として搬入した。ウ氏は税関に申告しなかった。

ウ氏は2019年12月、京畿道(キョンギド)でカフェの営業を始め、装飾品などを販売したという。ウ氏はカフェのSNSを通じて陶磁器製品を広報した。2019年10月のSNSの陶磁器写真には「何を買ったのか、どれだけ買ったのか、私はおかしくなったようだ、洗うのに必死」などのコメントも載せた。

これに関し朴候補側は「朴候補の配偶者が英国で購入したものは、当時、販売目的がなかったのはもちろん、その価値も高く評価されない中古物品」とし「カフェを開業することになり、他の店との差別性のために自宅にあった陶磁器を店に並べ、不法かどうか認知できないまま一部を販売した」と釈明した。続いて「結果的に国民の期待水準に合わない部分があったことを認め、改めて謝罪する」と伝えた。

林恵淑(イム・ヘスク)科学技術情報通信部長官候補は、梨花女子大教授在職当時、国家支援金を受けて参加した国外セミナーに2人の娘を連れて行ったのが外遊出張疑惑を呼んだ。

国民の力の朴成重(パク・ソンジュン)議員側によると、林候補は2016-20年、韓国研究財団から計4316万ウォン(約420万円)の経費支援を受けて外国で開催された学会セミナーに6回参加したが、林候補者の出張と2人の娘の出入国日が何度か重なっている。林候補は「外遊出張は事実ではなく、2人の娘を同伴したことはあるが、2人の娘に関連する費用はすべて個人の費用で支出した」とし「4316万ウォンという出張費用は参加研究陣の出張費まですべて含まれた金額であり、私の出張費は2502万6000ウォン」と説明した。

盧炯旭(ノ・ヒョンウク)国土交通部長官候補は夫人が1年前に窃盗で罰金刑を受けていたことが分かった。盧候補の人事聴聞会資料によると、夫人は軽犯罪処罰法違反容疑で起訴され、昨年5月1日に裁判所で罰金20万ウォンを言い渡された。盧候補は「当時、妻は更年期うつ症状があり衝動的・偶発的に発生した」とし「家庭の事情で国民を心配させることになり申し訳なく思う」と明らかにした。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    韓国国土交通部長官候補夫人は窃盗、海水部長官候補夫人は陶磁器不法販売疑惑

    2021.05.03 12:06
    뉴스 메뉴 보기
    朴俊泳(パク・ ジュンヨン)海洋水産部長官候補が1日、夫人の高価陶磁器不法販売疑惑について「国民の期待水準に合わない部分があったことを認める」として謝罪した。朴候補の夫人は英国から購入した有名ブランドの陶磁器を税関申告なく国内に導入し、一部をSNSで販売した。朴候補の夫人が運営するSNSに載せられた陶磁器の写真。 [写真=金善教国民の力議員室]
    TOP