주요 기사 바로가기

「韓米同盟、宇宙・エネルギーなど新しい領域に拡大を」

ⓒ 中央日報日本語版2021.04.01 11:56
0
韓国の全国経済人連合会(全経連)が1日、米戦略国際問題研究所(CSIS)と共同でオンラインセミナーを開いた。セミナーには両国の元・現官僚など専門家らが参加した。

討論は金鐘勲(キム・ジョンフン)元国会議員が座長を務め、安豪栄(アン・ホヨン)北朝鮮大学院大学総長、崔晳泳(チェ・ソクヨン)法務法人広場顧問、ビクター・チャCSIS韓国部長、マシュー・グッドマンCSIS副所長、キャスリン・スティーブンス韓米経済研究所所長が行った。

ビクター・チャ氏は「バイデン政権と文在寅(ムン・ジェイン)政権の下、韓米同盟の初期段階で最も重要なのは、北朝鮮の挑戦の前で団結を維持することだ」とし「前向きな方向に同盟の焦点を合わせるべき」と強調した。

CSISの専門家らは、CSISが最近作成した韓米同盟勧告案を紹介し、韓米同盟を北朝鮮の核問題への対応など安全保障問題に限定せず、宇宙と保健、環境、エネルギーなど「ニューフロンティア(新しい領域)」に拡大すべきだと提言した。

全経連の権泰信(クォン・テシン)副会長は「今年は米国の新政権との最初の首脳会談が予想される重要な時期」とし「近づく会談に備えて韓米同盟の強化と経済協力案に関する議論が必要だ」と述べた。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP