주요 기사 바로가기

何がプライバシーなのか…ウッズ事故原因突き止めたが明らかにできないという米警察

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2021.04.01 09:35
0
米国警察は「ゴルフの皇帝」タイガー・ウッズの車両横転事故の原因を突き止めたが、その内容を公開しないことにした。ウッズのプライバシーが公にさらされる可能性があるとの理由からだ。

ロサンゼルス(LA)郡のアレックス・ヴィラヌエヴァ保安官は31日(現地時間)、会見を通じて「事故原因が確定し、調査は終結した」とし「捜査関連情報を公開するためにはプライバシー問題がいくつかある。ウッズにプライバシー保護を放棄するかどうか尋ねた後、事故に関連したすべての情報を完全に公開できるだろう」と明らかにしたとAP通信など現地言論が伝えた。

ウッズは2月23日ロサンゼルス近隣のローリングヒルズ・エステーツの下り坂区間で現代自動車ジェネシスGV80 SUV(スポーツ用多目的車)を運転している途中に中央分離帯に突っ込んで横転する事故に遭った。ウッズはこの事故で脚を激しく負傷し、数回の手術を受けた後、現在はフロリダ州の自宅で静養中だという。

警察は事故車両のドライブレコーダーも回収して調査を行ったが、これを通じて確認した事故当時の走行情報に対しては口を閉じた。ヴィラヌエヴァ保安官はドライブレコーダーに含まれたすべての情報を持っているとしながらも「われわれは事故に関係する人々の許可なくその内容を公開することはできない」と話した。

一方、警察がウッズの「車の事故原因」に口を閉じていることから、事故に対する人々の関心はさらに高まるものとみられる。一部のメディアはウッズが過去に薬物服用などで車両事故を起こした前歴があるにもかかわらず、今回の事故当時に警察はウッズの血液検査を行わなかったと指摘したことがある。

警察はまた、事故当時のウッズの状態に対しても言葉を変えたため疑惑を大きくした。当初、「事故直後、ウッズには意識があり、本人の身元などをしっかり答えた」と明らかにしたが、その後の裁判所では「ウッズは意識を失ったまま発見され、運転の事実さえ覚えていなかった」という趣旨の陳述書を出した。

USAトゥデイやFOX(フォックス)ニュース、米芸能メディアTMZなどは、車両フォレンジック専門家の意見に基づき、ウッズが事故当時居眠りをしていたか意識を失っていた可能性があるとみている。下り坂曲線区間で居眠り運転などで適時にスピードを下げられず、結局中央分離帯を越えて横転事故を起こしたということだ。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    何がプライバシーなのか…ウッズ事故原因突き止めたが明らかにできないという米警察

    2021.04.01 09:35
    뉴스 메뉴 보기
    タイガー・ウッズとジェネシスGV80
    TOP