주요 기사 바로가기

<フィギュア>急成長した「キム・ヨナ・キッズ」…まだ遠いメダルジャンプ

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2021.03.29 12:03
0
1/3
車俊煥(チャ・ジュンファン)
韓国フィギュアスケートが世界選手権大会で目を引く成果を出した。車俊煥(チャ・ジュンファン、21、高麗大)が男子シングルで初めてトップ10入りし、シニア大会初出場のイ・ヘイン(16、セファ女子高)も10位に入った。

車俊煥は27日(日本時間)、スウェーデン・ストックホルムで開催された2021フィギュア世界選手権男子シングルスのフリーで技術点(TES)72.90点、演技構成点(PCS)82.94点、減点1点を受け、154.84点をマークした。ショートプログラム(91.15点)との合計で245.99点となり、10位に入った。韓国男子シングルの従来の最高成績は1991年のチョン・ソンイルの14位だった。

車俊煥が10位に入ったことで、韓国は北京オリンピック(五輪)出場チケット2枚の獲得が可能になった。1枚は確定し、残り1枚は今後開催されるネーベルホルン杯の出場選手の成績で決まる。

車俊煥は4回転サルコウジャンプで回転数不足判定を受け、ほかのジャンプでも着地に2回失敗した。にもかかわらず完成度が高く、高い点数を獲得できた。車俊煥は「久しぶりに出場した国際大会なので緊張した。先月中旬から腰と脚の筋肉を痛め、鎮痛剤で持ちこたえた」と話した。

前日に終わった女子シングルではイ・ヘインがショートプログラム68.94点、フリー124.50点を受け、合計193.44点で10位になった。イ・ヘインはフリーの最初のジャンプで転倒したが、その後は立て直して演技をうまく終えた。ショートプログラムで自己最高点(73.63点)をマークして5位だったキム・イェリム(18、スリ高)はフリー(118.15点)ではやや振るわず、合計191.78点で11位になった。

両選手の順位合計成績で、韓国は平昌(ピョンチャン)五輪に続いて北京五輪でも女子シングルに2人の選手が送り出すことになった。イ・ホジョン解説委員は「新型コロナのため国内大会を含めて2週間隔で3つの大会が続いた。体力的に選手はきつかったはずだが、最善を尽くして良い結果を出した」と評価した。

3人の選手が韓国の五輪出場チケット獲得に寄与したが、3人の北京五輪出場が確定したわけではない。国内選抜戦で出場選手が決まる。2018平昌五輪の場合、李俊型(イ・ジュンヒョン、25)が出場チケットを韓国にもたらしたが、選抜戦では車俊煥が優勝して五輪に出場した。男子部は車俊煥の北京行きが有力だ。

しかし女子では2人のほか、ユ・ヨン(17、スリ高)、イム・ウンス(17、シンヒョン高)らが激しい競争を予告している。イ・ホジョン委員は「女子選手は体重やコンディションなどに多くの影響を受けるため、選抜戦の結果を予測するのは難しい」と話した。

五輪での入賞の可能性はどうか。見通しは明るくない。今回の世界選手権男子シングルで大会3連覇を達成した「ジャンプマシン」ネイサン・チェン(米国)は合計320.88点だった。車俊煥とは74.89点の差が開いた。チェンはショートプログラムとフリーを合わせて5回の4回転ジャンプを見せた。車俊煥は現在3回ほど跳ぶことができる。ジャンプが重要な現採点制では逆転が難しい。2-4位の鍵山優真、羽生結弦、宇野昌磨(ともに日本)との差も大きい。

今回の世界選手権で女子シングル1-3位はロシアが独占した。技量も圧倒的だ。1位はアンナ・シェルバコワ(233.17点)、2位はエリザヴェータ・トゥクタミシュワ(220.46点)、3位はアレクサンドラ・トルソワ(217.20点)で、ともに210点を超えた。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP