주요 기사 바로가기

「校内暴力」(G)I-DLEスジンが活動中断…一歩遅れて注目される女優ソ・シネのエッセイ

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2021.03.05 14:51
0
韓国ガールズグループ(G)I-DLEのスジンが校内暴力疑惑で活動を中断すると、女優ソ・シネがインスタグラムに意味深長なコメントを残した。

ソ・シネは4日夜、「あなたたちのきらびやかな春は私にとって厳しい冬であり、残酷で長い夜だった」と始まる長文のコメントを掲載した。

ソ・シネは「永遠のように見えたあなたの夏の終わりに、私はなぜ今も変わらず冬なのだろうかと疑問を感じた」とし「過ぎ去った季節の場面は忘れられない。その日の温度、その日の匂い、その日の行動。傷が癒えず、瞬間的に湧き上がってくる記憶を努めて心の中に埋めて、あなたの季節を静かに応援してみようかと思ったりもした」と書いた。

しかし「人の心というのは本当にずる賢く、あなたたちの季節を嫉妬するようになった」と告白したソ・シネは、「凍った道を溶かすことができないなら壊してしまおう。すると本当に長くて長い冬の夜の終わりに、それまで知らなかった日差しがうっすらと感じられた」と伝えた。

あわせて「どこかで相変らず悲しい冬を送っているあなたに、取るに足りない私もはやりあなたのために小さな日差しを照らしていることを知ってほしい」と応援のメッセージを伝えた。

これに先立ち、ソ・シネはスジンの校内暴力疑惑の被害者であることが言及された。ソ・シネとスジンは中学校の同級生だ。これに関連してスジンは「女優ソ・シネとは学生時代に話をしたことがない。この方にもこのことで被害が及んだようで申し訳ない」と明らかにした。するとソ・シネはインスタグラムのストーリーに昨年発売されたビリー・アイリッシュのの歌のタイトルを掲載した。歌の歌詞は「私はあなたの友達でもなくて、何でもない」「自分は特別な人だと思ってるんでしょ」などの内容だ。

(G)I-DLEの所属事務所CUBE(キューブ)エンターテインメントはこの日、スジンが活動を中断し、当面グループは5人体制で活動すると伝えた。だが、スジンの校内暴力疑惑に対しては相変らず「事実は確認されていない」と明らかにした。

ソ・シネは昨年エッセイ『心の方向』を出版した作家だ。この本にはソ・シネが過去の人間関係で苦しんでいたことやこれを克服しようとする姿勢が書かれていた。

ソ・シネは「数多くの人間関係で、意図しようとしまいと、誰かには傷を与えて被害を与えて苦しめておいて、自分はその結果で幸福を得ることができるのかもしれない。自分が気分が悪いと思うことは、相手にとっても気分が悪いことだという配慮のことだ。私もやはりそのような人間であるかもしれないということを忘れないでいよう」と書いていた。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    「校内暴力」(G)I-DLEスジンが活動中断…一歩遅れて注目される女優ソ・シネのエッセイ

    2021.03.05 14:51
    뉴스 메뉴 보기
    女優ソ・シネ[写真=韓国ニッカンスポーツ]
    TOP