주요 기사 바로가기

全世界のフェミニスト「ラムザイヤー教授の論文、性奴隷制の傷に再び暴力を重ねる行為」

ⓒ 中央日報日本語版2021.02.18 10:54
0
世界フェミニストが、「慰安婦は売春婦」と主張したハーバード大学ロースクール日本法学のジョン・マーク・ラムザイヤー教授を批判した。

日本軍性奴隷制問題解決のための正義記憶連帯(正議連)は17日、ソウル鍾路区(チョンノグ)の旧日本大使館前で開かれた第1479回定期水曜集会で、ラムザイヤー教授の旧日本軍「慰安婦」関連の論文に関する世界フェミニストの声明を公開した。

メンバーは声明書で「ラムザイヤー教授の論文は旧日本軍『慰安婦』制度を自発的な売春と紹介して性奴隷制を否定した。植民地と戦争、不公平な権力構造と構造的な暴力を無視したまま、旧日本軍性奴隷制の被害者を『契約売春婦』と描写した」としながら「旧日本軍性奴隷制の被害者が自発的に支援して料金を交渉でき、自由にやめることができたと主張することによって歴史的真実をわい曲している」と批判した。

続いて「アジア太平洋戦争中に行った重大な人権侵害に対する責任を回避する日本政府の主張を批判的な分析なくそのまま踏襲している」とし「被害女性たちにとっては2次加害であり、性奴隷制が残した深い傷跡にまた傷をつける暴力的行為であり、暴力の歴史を意図的に消そうとする日本政府の試みと共謀して正当化する行為」と強調した。

メンバーは全世界の大学と高等教育機関に対して▼性差別・植民主義・人種差別の被害を減らし、多様性と平等の振興に向けた学内共同体ガイドラインを構築して▼嫌悪発言・行為に対する積極的な調査▼学内の多様性および性暴行生存者支援▼戦犯企業から支援された資金情報を公開して戦犯企業に投資したり投資を受けたりすることを止揚すること--を求めた。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    全世界のフェミニスト「ラムザイヤー教授の論文、性奴隷制の傷に再び暴力を重ねる行為」

    2021.02.18 10:54
    뉴스 메뉴 보기
    旧日本軍慰安婦被害者の李容洙(イ・ヨンス)さんが16日、プレスセンターで開かれた「旧日本軍慰安婦問題国連国際司法裁判所付託要求記者会見」で泣いている。チャン・ジニョン記者
    TOP