주요 기사 바로가기

ソウル市長候補の朴映宣氏、「私の弱点は冷たい女性のイメージ…実際はいいかげん」

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2021.03.02 17:09
0
与党「共に民主党」からソウル市長補欠選に出馬する朴映宣(パク・ヨンソン)候補が「チャドニョ(冷たい都市の女性の意)」のイメージを自身の弱点に挙げた。

朴候補は2日に交通放送ラジオの番組に出演し、「弱点は何か」という質問に「冷たい、チャドニョ、都市の冷たい感じ」と話した。

進行者が「冷たいというのは悪いものだがチャドニョは若干良いイメージではないのか」と問われると、「少しそのように変わるかもしれない、こういうことを申し上げたもの。事実はそうではない。私はちょっといい加減だ」と答えた。

「仕事はこなすがとても冷淡、こうしたイメージがあるということではないのか」と進行者が再度質問すると、朴候補は「そのようなイメージがあるようだ。あえて弁解するなら、仕事に没頭してみたら周囲の人にこれまでちょっと気遣いがなかったのではないのか、こうした反省もしている」とした。

続けて、「それで最近は『食事はしましたか』として気を遣っている。選挙があるからそうなのではなく、長官在任中に中小ベンチャー企業部に行くと職員がとても苦労していた。徹夜を多くしているのに国民には知られておらず、それで私だけも少しはよくしてあげなければならないと考えた」と明らかにした。

また「国会議員時代にBBKの真実が明らかにならないという胸中の憤怒がたくさんあった。よほどのことなのか夫がこらえろと言い、どうやってこらえようかと鏡の前に『内功』と書いて貼り、それから『神は真実を知るが、時を待つ』と書いて貼っておいた」と話した。

朴候補は野党圏候補一本化に対抗する戦略への問いには「今週中にするつもり。(党内戦期間には)神経を使わず、今週中に(野党圏一本化の)概略的な輪郭が出てくるのでその時からよく考えて臨むべきではないかと考えている」と話した。「最も難しい相手がいるか」という質問には「だれになろうがみんな長所と短所があるようだ。みんな簡単ではない相手」と話した。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    ソウル市長候補の朴映宣氏、「私の弱点は冷たい女性のイメージ…実際はいいかげん」

    2021.03.02 17:09
    뉴스 메뉴 보기
    「共に民主党」の朴映宣ソウル市長候補。オ・ジョンテク記者
    TOP