주요 기사 바로가기

<サッカー>孫興民が三一節パフォーマンス、指で韓国を象徴する「K」

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2021.03.02 14:02
0
「輝いた」。英フットボールロンドンは1日(日本時間)のバーンリー戦で2ゴールのお膳立てをした孫興民(ソン・フンミン、29)をこのように評価した。

孫興民はこの日、英ロンドンのトッテナムホットスパースタジアムで行われた2020-21イングランドプレミアリーグ第26節のバーンリー戦で2アシストをマークした。リーグ7、8号アシスト(今季14、15号)だ。孫興民が今季リーグでマルチアシストをマークしたのは初めて。また今季18得点15アシスト(攻撃ポイント33)となり、シーズン自己最多攻撃ポイント記録をまた更新した。

トッテナムも4-0で勝利し、2連敗から脱した。8位に上がったトッテナム(勝ち点39)は4位のウェストハム・ユナイテッド(勝ち点45)と勝ち点の差を6に減らした。トッテナムは来季の欧州チャンピオンズリーグ出場権を獲得できる4位内が目標だ。

バーンリーは、孫興民が2019年12月に70メートルのドリブル突破からワンダーゴールを決めた相手だ。このゴールで国際サッカー連盟(FIFA)プスカシュ賞も受賞した。孫興民は最近3試合連続で攻撃ポイント(計2得点3アシスト)をマークしている。バーンリーは試合序盤から守備を固めた。孫興民は無理な突破ではなく賢いパスプレーを見せた。

孫興民は前半2分、左サイドからバーンリーの守備を一気に崩すクロスを入れ、ガレス・ベイルが走り込みながら右足で合わせてゴールを決めた。3-0とリードした後半10分、孫興民は左ハーフライン付近でボールを持ってスピードを上げると、「70メートルのワンダーゴール」の屈辱を思い出したバーンリーの選手5人があっという間に孫興民を取り囲んだ。その瞬間、孫興民はペナルティボックス右側でノーマークだったベイルにボールをパスした。ベイルは左足でまたもゴールネットを揺らした。

孫興民はフル出場し、ハリー・ケイン、エリク・ラメラなどに鋭いパスを出しながら何度も得点チャンスを作った。フットボールロンドンは「チームメートのゴール決定力が良ければ孫興民ははるかに多くのアシストをマークしたはず」と評価した。プレミアリーグ事務局は孫興民を「キング・オブ・ザ・マッチ(最高活躍選手)」に選んだ。オンラインファン投票で孫興民は2万3896票のうち39.3%を得票した。

「KBS(ケイン-ベイル-孫興民)三角編隊」が復活した点も収穫だ。ベイルが孫興民のアシストで2得点1アシスト、ケインは1得点をマークした。昨季までレアル・マドリード(スペイン)でプレーしたベイルは今季、トッテナムにレンタルされた。ところがベイルの競技力は期待に及ばなかった。この日の試合前までリーグ1得点だった。

そのベイルが最近、良い競技力を見せている。孫興民と呼吸を合わせながらだ。ベイルは最近4試合で7つの攻撃ポイント(4得点・3アシスト)をマークしたが、その半分近い3つ(2得点・1アシスト)が孫興民との合作だ。ベイルは「シーズン序盤に比べてコンディションが大きく上がってきた。私がトッテナムに移籍した理由は孫興民、ケインと共にプレーするためだった。彼らと一緒にグラウンドに立ててうれしい」と間接的に感謝の気持ちを伝えた。

孫興民は三一節(独立運動記念日)を迎えて意味あるパフォーマンスも見せた。ベイルの先制ゴールをアシストした直後、孫興民は両手の指で「K」を、ベイルは「W」の形を作った。試合後、孫興民は「韓国(Korea)のK」と説明した。ベイルはウェールズ(Wales)出身だ。

孫興民が文字パフォーマンスを始めたのは先月19日の欧州リーグ32強第1戦ヴォルフスベルガー戦(4-1勝利)からだ。ベイルのアシストで先制ゴールを決めた後、指で「W」を作った。2018年に会った韓国の白血病の児童とした約束を守るためだった。

孫興民は「前回の(2018年ロシア)ワールドカップが終わった後、あるキャンペーンを通じて(その子に)パフォーマンスができず申し訳なかったと話したことがある。(今回の)パフォーマンスはその子によく伝わったと財団から連絡を受けた。少しでも希望を与えることができるということ自体がありがたい」と語った。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    <サッカー>孫興民が三一節パフォーマンス、指で韓国を象徴する「K」

    2021.03.02 14:02
    뉴스 메뉴 보기
    ガレス・ベイル(右)の得点後、三一節(独立運動記念日)を記念して指で韓国(Korea)を意味する「K」の形を作った孫興民(ソン・フンミン)。ベイルは祖国ウェールズ(Wales)を意味する「W」を見せた。 [写真 トッテナム]
    TOP