주요 기사 바로가기

米国の韓国系団体、ラムザイヤー教授を後援する三菱にボイコット運動

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2021.03.01 09:52
0
「日本軍慰安婦は売春婦」と主張する論文を書いて論議を呼んだマーク・ラムザイヤー米ハーバード大教授を後援する日本企業の三菱に対し、米国現地の韓国系が不買運動(ボイコット)をしている。

28日(現地時間)、世界最大請願サイト「チェンジ・ドット・オーグ」(change.org)には、三菱製品の不買運動を展開しようという内容の請願が掲載された。

この請願は米北部カリフォルニア州の韓国系団体が提案したもので、「この請願はハーバード大ロースクール教授マーク・ラムザイヤーによる嘘で有害な主張に関係している」と請願の背景を明らかにしている。

現地韓国系団体はこの請願でラムザイヤー教授の肩書を「三菱日本法律研究教授」とした。三菱がハーバード大に設立した基金でラムザイヤー教授が任用されたという事実を指摘したのだ。

また「ラムザイヤー教授が最近の論文で慰安婦を自発的であり報酬を受けた売春婦と描写したのは、これまで蓄積された多くの学問的な成果を否認するものだ」と批判した。さらに「三菱を後援することは、三菱の会社が付与した教授職を持つラムザイヤー教授の根拠のない侮辱的な主張を暗黙的に支持することだ」と主張した。

この請願は「自動車とテレビ、電子部品、エアコンと冷暖房空気調和システムなどを含む、あらゆる三菱製品の購買を拒否することに参加してほしい」と要請した。「BoycottMitsubishi.com」「BoycottMitsubishi.org」を入力すれば請願サイトにつながる。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    米国の韓国系団体、ラムザイヤー教授を後援する三菱にボイコット運動

    2021.03.01 09:52
    뉴스 메뉴 보기
    チェンジ・ドット・オーグのホームページ キャプチャー
    TOP